キャリア・職業

【元人事】仕事に行きたくない人へ|あなたが会社を休んでもいい理由

・仕事のことを考えると自然と涙が出てくる・・・

・朝、吐き気がすることが増えてきた・・・

・会社に行かずに済む理由ばかりが思い浮かぶ・・・

・友達に相談してもそれは「逃げ」とか「甘え」だとか言われてしまう

 

こんな風に悩み、一人辛い想いをしている人に向けて。

本記事の内容

・本当に辛かったら迷わず逃げてOKです→先のことを考える余裕を取り戻そう

・その状況、休んでも大丈夫ですよ【ケース別】【会社に連絡する際のテンプレあり】


・気持ちが落ち着いたら根本原因を確認しつつ、
解決策を講じよう|【原因別に解説】

 

筆者は元人事部です

僕は9年間で合計4社の人事部マネージャーを経験し、従業員の悩みやいざこざ、ケアなどにも多く携わってきました。その実務経験と実例に基づいて本記事を執筆しております。

この記事に辿り着いた方々の多くは、「まず現場から離れて気持ちを休ませる」必要があると思います。記事を上から順に読んでいただき、できれば1つずつ実践してみてください。

徐々に気持ちが落ち着き、その後どうしていくべきかも見えてくるはずです。

 

本当に辛かったら迷わず逃げるべき|理由と合わせて解説

本当に辛い時は逃げるべき理由

行きたくない気持ちを引きずったまま無理に出勤しても、集中できずにミスを連発してしまう可能性が高いです。

こうなると同僚からの信頼をさらに失ってしまい、プレッシャーが増してしまうなど、かえって状況が悪化しかねません。

「行きたくないから行かないなんてただの逃げ=そんなのダメ」という謎の風潮がありますが、心身を壊してしまったらそんなこと言ってる場合ではなくなります。

「身の危険を感じる状況」「感覚的に折れてしまう寸前だと自覚できる状況」なら、迷わずその環境から一旦逃げるべきでして、まずは体制を立て直しましょう、ということです。

本当の意味での逃げは「改善を放棄すること」

少し耳が痛い話かもしれませんが、避けられない事実でもあるのでお許しください…。

これは辞めておいた方がいいと思う本当の逃げは、「根本的な原因に向き合わず、改善を放棄すること」です。

これはいつまで経っても状況が変わらず、今の辛い気持ちが延々続くことになってしまうのでおすすめしません。

体制を立て直すために、まず休みましょう

こういうときは無理せず「今日は仕事を休む」ということをやってみてください。
疲れを癒やして、冷静な判断力を取り戻すのが先決です。

 

また、「行きたくない」と強く思うのは「あなたの心や身体が壊れる前に」と発せられたサインで、そのまま無理をし続けても状態は悪化するばかりです。

割とマジで、まずは心と体を休ませましょう。

「解決に向けて考える、実際動く」というのはただでさえエネルギーを使うことなので。

 

「休むに値する(上司や同僚が納得するような)大義名分」が無くても休んでしまってOKです。

また、「今日休んでしまったら、明日も行けない気がする」と思うかもしれませんが、大丈夫ですよ。安心してください。

まずは今のギリギリの状態を少しでも和らげるのが先決です。休むと決めたら仕事のことはもう考えずに、数日ゆっくり休みましょう。

ただし、無断欠勤はダメ、絶対

無断欠勤をしてしまった場合のデメリットは以下の通り。

  • 会社に連絡しづらくなる
  • 次の出勤がしづらくなる
  • 評価に悪影響が出る可能性がある
  • 将来の転職活動に響く可能性がある

あまり知られていませんが、今だけでなく先々で大きな損をする可能性が出てくるので、無断欠勤だけはやめておきましょう。

【元人事部】無断欠勤は解雇になる?対処法と理由をまとめとく ・勢いで無断欠勤しちゃったけど、解雇になるの? ・無断欠勤したときに会社になんて言えばいいの? ・もう辞めるつもりで無断...

 

そうは言っても簡単に休める状況じゃない…

・・・という気持ちも痛いほどわかります。
実際問題、職場の状況を考えると色々な想像をしてしまいますよね

あなたが居てくれてこそ、その仕事は今日まで問題なく成り立っていたというのも事実ですから。

でも大丈夫。まずは状況別に休んでも大丈夫な根拠を紐解きます。

 

その状況、休んでも大丈夫ですよ|会社に連絡する際のテンプレあり

休みたいのは山々だけど、そう簡単には休めない・・・と思いがちな状況について、休んでも大丈夫な理由を解説します。

自分が休んだら同僚に迷惑がかかる

確かに、大なり小なり迷惑はかけてしまうでしょう。でも、あなたも誰かの病欠のフォローをした経験ありませんか?困ったときはお互い様です。
逆に「一生休まず出勤し続けた人」なんて多分一人もいません。

 

断言しますが、そもそもこんなこと考える時点であなたは絶対いい人です。そう考えるのはあなたが誠実である証拠ですよ、無責任な人はそもそもこんなこと考えませんから。

とはいえ、その強い責任感があなたを追い詰めてしまっているかもしれません。何もその負担を、あなた一人で背負い込まなくてもいいんですよ。

次に出勤するときに菓子折りでも持っていってお礼を言いましょう。お詫びよりも、お礼です。「留守の間、ありがとう」と。

自分が抜けたら仕事が回らなくなってしまう

一人や二人抜けたって、なんだかんだちゃんと回るのが会社です。
ちょっとキツイ言い方かもしれませんが、「
自分がいなきゃ回らない!」と責任を感じているのは、案外自分だけかもしれません。

 

というのも、僕自身4回も転職して何度も自分が抜ける経験をしていますし、マネージャーとして誰かが抜けた後の穴埋めも数え切れないくらいやってきました。

これ事実なんですが、「1人の欠員が原因で実際に業務が回らなくなった」という例は一度も見たことがありません。

居ないなら居ないなりに残ったメンバーがなんとかしてくれるので、遠慮なく休んでみてください。実際休んでみると、「それでもちゃんと仕事は回るんだな」ということを肌で感じることができると思います。

自分がチームのリーダー(マネージャー)だから抜けるとマジでヤバイ

この場合は休むことによって「メンバーが育つ可能性がある」というメリットがあります。

 

部下が思うように育たない理由に、「上司が部下の仕事までし過ぎている」「部下が上司に依存している」ということが多々あります。

あなたが休むことで一時的にチームが混乱したり、数字が落ちたりするかもしれません。

ですが、あなたが居なくなってはじめて部下は仕事が自分事になります。「自分たちだけでなんとかするしかない」という状況が一番部下が育つ環境でもあります。

休むとなったら仕事の電話も受けたくないとは思いますが、「本当に困ったときは遠慮せずに連絡して」という予防線だけ張ってあげましょう。それだけでも部下の心配はかなり軽減されますよ。

【例外】上司のパワハラが怖くて休めない

このケースは例外で、数日休んだくらいでは解決しません。

 

従って「休んでもいい理由」ではなく「対処法」をお伝えします。なお、「自分がこの先どうしたいか」によって対処法は2つにわかれます。

 

その職場にどうしても残りたい場合→改善に向けて働きかける

  1. 相手が「自分の上司」であればその上司のさらに上司に相談する
  2. 相手が「同じチームのメンバー」であれば、直上の上司に相談する
  3. どちらも難しい場合は担当部署(人事部)などに相談する
  4. 部署異動ができないか相談する
  5. どれも難しい場合は労働基準監督署に相談する→最終手段です

改善の余地が無い、事を荒立ててまでどうにかしようとは思わない

  • 無理にやり合わず、部署異動や転職などでその環境から離れる

上記の通り。

自分の方が立場が弱い場合、正面からやり合ってもなかなか状況は改善しませんし、それで改善するようならそもそも事態はそこまで悪化しません。

上記にある通り相談する相手を間違えなければOKです。

とはいえ、そんな上司を野放しにしている会社は、長い目で見ればどの道未来はありませんけどね・・・。

 

後者の場合、今すぐ辞めるのは不安でしょうし、次の仕事がすぐ見つかるとも限らないので、「在職しながら情報収集して転職のタイミングを図る」のがおすすめ。

ちょっと本記事の趣旨からは逸れるので、詳細が気になる方は下記の記事も参考にしてみてください。

>>「転職成功のロードマップ|転職活動の全知識」

 

自分ではどうにもならない時は人事部に相談してみよう

基本的に人事部は会社と従業員の中立です。マトモな会社ならあなたの上司に掛け合うなどして、休めるよう、改善できるよう協力してくれます。

人事部は労務を司る部署で、必要であればあなたの上司を指導する立場にあります。就業環境にどうしても行き詰まったら、一度相談してみるといいですよ。

会社への連絡はこれで大丈夫|失敗しないテンプレあり

具合が悪いわけではないけど仕事を休みたい時、会社をスムーズに休める理由や注意点をまとめている記事があるので、よかったら参考にしてみてください。

>>【元上司】仕事を休みたい時の理由45個|会社を休む時の全知識

 

失敗しない上手な休み方

休むことになったら、以下の点を心がけるといいです。

仕事のことはなるべく考えない

そうは言っても考えてしまうと思うので、「なるべく」でOKです。
「なんだかんだ休んじゃったけど、今頃大丈夫かなぁ…」と心配しても、逆にしなくても、実際の会社の状況が変わるわけではありません。

また、苦手な人との会話や顔を思い出しても気持ちが滅入るだけです。

仕事のことを忘れて他のことをする

趣味に没頭する、映画を観に行く、ひたすらゴロゴロしながらYouTubeを観る、なんでもいいです。

何もしないでいると頭の中はモヤモヤするので、他のことをやるのがおすすめ。

気持ちが落ち着いてくると「買い物に行こうかな」とか「誰かに会いに行こうかな」と気持ちが前に向きやすいです。

家族や友達など、社外の人に相談するのもあり

「誰かに話すだけで気が楽になる」というのは誰しもあります。

問題そのものが解決するわけではありませんが、話すことで頭の中が整理できたり、思わぬアドバイスをもらえる可能性もあります。

 

休んで気持ちが落ち着いてきたら根本原因を確認してみよう

ここから先は「行きたくない」と思う原因の特定とその対策になります。
解決に向けて考える、動ける余裕ができてからお読みいただければOKです。

 

冒頭の一文を再度引用します。

これは辞めておいた方がいいと思う本当の逃げは、「根本的な原因に向き合わず、改善を放棄すること」です。

これはいつまで経っても状況が変わらず、今の辛い気持ちが延々続くことになってしまうのでおすすめしません。

 

ということなので、現場から離れて少し気持ちに余裕が戻ってきたら、「行きたくない」と感じる根本原因がどこにあるのか冷静に向き合ってみましょう。

原因がわかれば対処法も見えてきます。

原因と思われるものを書き出してみるのがおすすめ

「なんかいろいろ重なってもう無理!」というのは思考が整理できていない上に感情が先立ってしまっています。

感情を一度脇において、原因を紙に書き出してみるのがおすすめです。

「わざわざ紙に書くほどじゃない」「面倒くさい」と思うかもしれませんが、頭の中を整理する良い方法なので、騙されたと思って一度やってみてください。

参考:多くの人が不満を感じているポイント

「行きたくないと感じる理由=不満」であり、これが限界を超えると「退職」という決断に繋がるわけですが、これについて厚生労働省が「前職を辞めた理由」についての調査結果を公表しています。

 

退職理由 男性(%) 女性(%)
労働条件が悪かった 12.4 % 14.7 %
給料等収入が少なかった 11.0 % 10.5 %
会社の将来が不安だった 8.9 % 3.5 %
職場の人間関係が好ましくなかった 7.2 % 13.0 %
仕事の内容に興味を持てなかった 5.5 % 5.2 %
能力・個性・資格を活かせなかった 4.6 % 4.4 %

引用:厚生労働省|平成29年雇用動向調査

上記の通り。

以下では青字の項目と多く見られる悩みを集めました。(「給料への不満」「会社の将来に対する不安」は本記事の趣旨からは逸れているので除外)

ちなみに僕はどれも思い当たるフシががあって、それが転職理由の決定打になったこともあります。

原因①:労働条件(環境)が悪い

「就労環境が過酷」というケース、例えば以下のような感じ。

  • 業務量が多過ぎる
  • 長時間残業が恒常化している
  • 休日出勤が多い
  • 常に期日に追われて全く余裕が無い
  • 達成困難なノルマが課される

こういった状況が長く続くと疲れやストレスが蓄積して、「仕事に行きたくない」と感じるのは当たり前かもしれません。長く続くと体調不良にも繋がってしてしまいます。

原因②:職場の人間関係に問題がある

特に精神的負担が大きいのは人間関係です。例えば以下のような感じ。

  • 身近にどうしてもウマが合わない人がいる
  • 上司が気分屋で言うことがコロコロ変わる
  • 無理難題を押し付けてくるパワハラ上司
  • 同僚の士気や仕事への意欲が低い
  • 陰口やいじめが横行している

仮に仕事内容が気に入っていても、毎日顔を合わせる人たちがこのような状態だと、仕事に行きたくないという気持ちは日に日に増していきます。

原因③:仕事の内容に興味が持てない、やり甲斐がない

これには2つのパターンがあります。

  1. 自分の特技ややりたい仕事がわかっていて、それに合わない仕事をしている
  2. 漠然と興味が持てない、やり甲斐がない

「何のためにこの仕事をやっているかわからない」と思い始めてしまうと、日に日に「虚無感」や「無気力感」が増していきます。

この状態が続くと④の「ミスを連発する」という状況になり、周囲からの評価が下がり続けて②の「人間関係問題」に発展します。

その結果「行きたくない」という気持ちに行き着く、という構図です。

ちなみに、どちらも仕事内容に不満を持っているという点では共通していますが、解決方法は大きく異なります。

原因④:ミスを連発してしまう

その仕事に慣れない頃のミスは誰もが通る道で、工夫をこらしコツを掴んでいく段階では必要なプロセスです。

ですが、いつまで経っても同じミスを繰り返していると、周囲からは「仕事ができないヤツ」というレッテルを貼られ、周囲との人間関係も険悪になっていきます。

一方で、まだ未熟なのに上司や周囲のサポートが無いことでこういった状況に陥るケースもあります。

いずれにせよそういった周囲からの態度、ミスを繰り返してしまう自分への自己嫌悪が積み重なって「行きたくない」という気持ちになっているのかもしれません。

後述しますが、幸いこれには明確な改善策があり、事項で詳しく解説します。

原因⑤:能力や個性を活かせない

「強みが活かせず、思うようにパフォーマンスが発揮できない」というケース。

  • 持っている資格を活かせる業務が無い
  • アイディアを出すのが得意なのに旧態依然とした変化を嫌う社風
  • 淡々と作業をこなすのが得意なのに接客や営業職

能力を活かせる環境がない、自分の価値観と会社のカルチャーが合わないというのも非常にストレスが溜まる要因です。

原因が特定できたら解決策を検討してみよう【具体策あり】

ここまで来れば解決はもう目前です。

なお、ここで言う「検討」とは「何をすればいいか考える」ということの他に、「今の状況と天秤にかけて、その解決策を実行するかどうかを検討する」という意味も含みます。

以下では具体的な解決策をまとめたので、検討材料にしてもらえればと思います。なお、解決策を複数組み合わせることが有効なケースも多いです。

基本は「まず上司に相談」

この対策で解決できる可能性が高い問題

  • 労働条件(環境)が悪い
  • 職場の人間関係に問題がある
  • ミスを連発してしまう

 

上司の役割は「チーム内の問題解決・各種調整」も含まれます。困っていることがチーム内でのことや自分自身のことであれば、最初の相談相手は上司でOKです。

  • チーム内での人間関係に問題があるので仲裁してほしい
  • 自分の仕事量がキャパオーバーなので業務量を少し減らしてほしい
  • 業務のやり方で不明点があって困っているのでサポートしてほしい

 

実はこれで解決できることが結構多いのも事実なので、(コミュニケーションが取れる状態であれば)率直に相談してみると、案外スムーズに解決できる場合があります。

部署異動願を出してみる

この対策で解決できる可能性が高い問題

  • 職場の人間関係に問題がある
  • 仕事の内容に興味が持てない、やり甲斐がない
  • ミスを連発してしまう

シンプルに転職せずに環境をリセットする方法です。

業務内容や普段関わる同僚なども変わるので、転職に近い効果が期待できます。

ただし、異動は各部署の人員状況や必要スキルなど、様々な要件をクリアして初めて成立するので、必ずしも異動できるとは限りませんが、希望を出してみる価値はあると思います。

企業規模が大きければ大きいほど部署や職種の選択肢が多いので、異動が成立しやすい傾向にあります。

適正に合った職種に就けるよう働きかける

この対策で解決できる可能性が高い問題

  • 仕事の内容に興味が持てない、やり甲斐がない
  • ミスを連発してしまう

 

こういった問題が起きる時は、自分の適性と業務環境にミスマッチが生じている可能性が高いです。たとえば下記のような感じ。

  • 黙々と作業することが得意なのに、実際は接客業や営業職に就いている
  • 変化を好む性格なのに、実際はバックオフィスでルーチンワークをしている
  • サポートが得意なのに、実際は個人プレイの職種に就いている

 

「海は泳げないけど空を飛べる鳥」が、水中で溺れかけてる感じ。

問題の本質は「環境を変える(=異動・転職)ことが逃げかどうか」なんてことではなくて、「自分が鳥だと自覚しているか」ということと、「今自分がいるのは海なのか、空なのか」ということです。

 

誰にでも「得手不得手」というものが必ずあって、自分の性質と合わないことを続けているとストレスが溜まったり、ミスが増える傾向があります。

自分の適性を理解している場合は適正に合った仕事に就けるよう働きかければOK。

適正を理解していない場合は「実際やってみなければわからない」という運ゲーになってしまいます。

この場合はまず、「自分にどんな適性があり、どんな仕事なら力を発揮しやすいのかを理解する」ことが先決です。

以下の記事で特性理解のヒントになるツールを解説しているので、思い当たる方はご覧になってみてください。

自分の才能に気付いてる?向いている仕事がわかる有能ツールまとめ 自分には何が向いてるのか?全ての人の永遠の課題かもしれません。 ・今の仕事は向いてないのかもしれない・・・ ・とりあえず今の...

 

転職を視野に入れつつ情報収集する

この対策で解決できる可能性が高い問題

  • 労働条件(環境)が悪い
  • ミスを連発してしまう
  • 能力や個性を活かせない

「行きたくない」と思う原因が社風や人間関係などの変えようがない外的要因の場合は、自力での解決は難しいです。

この場合は一足飛びに転職に踏み切らず、まずは情報収集してみるのがおすすめ。情報や比較対象があることで、自分が置かれている状況を客観視できるからです。

  • 自分の会社が明らかにブラック企業だと確信する
  • 逆に、ホワイト企業で恵まれた環境だったと気付く
  • 自分の市場価値と待遇が釣り合っていない

上記のようなことがわかってくると、転職すべきかどうかを判断もしやすくなります。

情報収集のポイントは3つ

取るべき情報は以下の3つ、情報源も合わせて貼っておきます。

  1. 自分の客観的な市場価値
    「ミイダス」 で適正年収を診断
  2. 自分の会社の評判・評価
    「キャリコネ」で口コミをチェック
  3. 比較対象となる他社の情報
    → 転職サイトやエージェント

上司や同僚からの情報、自分で見聞きした情報だけではどうしても偏ってしまうので、外部の力を借りつつ整合性を取りましょう。

②と③については下記の記事で掘り下げていますので、必要に応じてご覧ください。

会社の評判は「中の人」に聞くのが鉄則|社員口コミサイトを比較してみた 元マイナビ、元人事部のgakuです。 「マイナビの求人広告作成」「4社で面接官」「4回の転職活動」と、意図せずあらゆる方向から...
【おすすめ】4回の転職でわかった転職サイトと転職エージェントの最も効率的な使い方 今すぐ転職したい!というほどじゃないけど、 だからといってずっとこの会社にいるのはちょっとなぁ・・・ 今の仕事は苦痛だけど、...

 

まとめ:一時の感情に流されず、ひとつずつ解決していこう

少し長くなってしまったので、最後にこの記事の要点を順にまとめます。

まずは休んで体制を立て直そう

 

そうは言っても簡単に休めない → 大丈夫な理由があります

  • 自分が休んだら同僚に迷惑がかかる → 困った時はお互い様です
  • 自分が抜けたら業務が回らない → それでもどうにかなるのが会社です
  • 自分がリーダーだから抜けられない → メンバーが育つ可能性あり
  • 【例外】パワハラが怖い → スタンスにより対策が変わります
  • 失敗しない会社への連絡方法 → 「仕事を休みたい時の理由45個」

 

休んで気持ちが落ち着いたら、根本原因を特定しよう

  • 原因と思われることを紙に書き出す → 原因によって解決方法が異なります
  • ① 労働条件(環境)が悪い
  • ② 職場の人間関係に問題がある
  • ③ 仕事の内容に興味が持てない、やり甲斐がない
  • ④ ミスを連発してしまう
  • ⑤ 能力や個性を活かせない

 

原因が特定できたら、解決策を検討しよう

ということで、本記事は以上です。

一日も早く状況が改善し、気持ちよく仕事ができることを願います。また、この記事がそのキッカケになれたら嬉しいです。

 

【元人事部】「会社辞めたい」は甘え?そんなの気にしなくて大丈夫。 ・頑張らなきゃいけないのはわかってるけど、会社に行きたくない… ・入社から日が浅いし、今やめるのは逃げだよなぁ… ・...

 

【元人事部】「会社・仕事辞めたい」上位6つの理由と対処法を解説 いつの世も「会社辞めたい」「仕事辞めたい」と思っている人は大勢います。現に僕も4回の転職で5社を渡り歩きました。 この記事では...

 

転職成功のロードマップ|転職活動の全知識 この記事では、転職成功のノウハウやテクニックをまとめました。 ・転職を考えてるけど何からはじめればいいかわからない ・実...

 

13+