初心者OKの資産運用

【初心者向け】ロボアドバイザー投資まとめ|始める前に知っておこう

ロボアドバイザーとは、AIやロボットがあなたに代わって全自動で資産運用をしてくれるサービスで、「ロボアド」とも呼ばれています。

 

本記事はロボアドバイザー投資のまとめページです。

以下の記事を読むことで、ロボアドバイザー投資に関する知識は一通り身に付くはずです。

INDEX

投資の知識や経験がない完全初心者でもスマホ一台で投資を始めて、日々利益を出している人が大勢います。

 

実績の高いロボアドバイザーとは?|2強状態です

国内にいくつかロボアドバイザーサービスがありますが、投資初心者には以下の2つがおすすめ。

国内No.1:WealthNavi(ウェルスナビ)

31万以上の口座が開設され、預かり資産2,600億円を超える国内No.1のロボアドバイザーサービスです。

年利は約12%(月利約1%)と高利回りです。

 

なお、WealthNaviについては以下の記事で詳細を解説したので、合わせてどうぞ。

>>「ウェルスナビ」の評判・特徴・利回りなどを現役投資家が解説

 

国内No.2:THEO+docomo(テオプラスドコモ)

  • 種類:運用型
  • 最低投資額:10万円
  • 手数料:1%
  • 利回り:8.4%
  • 運用しながらdポイントが貯まる
  • THEO + docomo 公式サイト

名前の通り、docomoと共同運営のロボアドバイザーサービスです。

公式データによると、初心者だけでなく投資経験者からも支持されているようですね。

結論:一覧で比較

もう少し情報を加えて一覧にしました。

  ウェルスナビ THEO(テオ)
利用者数 31万口座
(2020年6月時点)
10万人
(2020年7月時点)
出資企業 大手金融機関4社 NTT docomo
最低投資額 10万円
(積立は1万円)
10万円
手数料 投資額の1% 投資額の0.65〜1%
利回り 9.5〜11.9%(実績) 8.4%(実績)
アルゴリズム ノーベル賞の理論 独自理論
投資可ETF数 6〜7 30〜40

※ETFとは「上場投資信託」のこと
※数字はいずれも2020年6月時点

知識・スキル・経験・時間も不要

ということで、ロボアドバイザーは最近の投資では1、2を争うくらい始めやすい投資法かなと思います。

管理の手間もほとんどかからないので、他の投資と組み合わせて分散投資の柱にするのもアリですね。

 

登録と診断は5分で終わるので、まずは診断結果を眺めてみるところからどうぞ。

この記事が参考になったら
\Follow me!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA