【元人事部】状況別|どうしても仕事に行きたくない人が、本当にすべきこと

 

サラリーマン時代、「人事部」という立場で従業員の様々な相談を受けてきました。

 

「仕事行きたくない・・・」

「会社行きたくない・・・」

 

と、表面上では同じことを言っていても、詳しく聞いてみると置かれている状況によって程度は様々でした。

友達と話す時に出るものも加えると、

 

(なんか今日ダルくて)仕事行きたくねーなー

(二日酔いがしんどくて)仕事休みたいなー

(人間関係が苦痛すぎて)もう仕事行きたくない・・・

(ハラスメント系で身の危険を感じるから)仕事行きたくない・・・

(もう本当に、本当に無理で)仕事行きたくない・・・

 

当然、状況が違えば原因も違うので、原因を取り除いて「仕事に行きたくない」状態を解消するためにやるべきことも全く違ってきます。

この記事では「仕事行きたくない」をもう少し掘り下げて、「仕事に行きたくない時にすべきこと」を状況別にまとめました。

この中にあなたの状況に合うものがあることを願いつつ、ご自身の状況に合わせて使い分けてもらえたらと思います。

 

「気分的に」仕事に行きたくない時にすべきこと

 

えーと・・・これは、なんというか、そのー・・・

なんとか折り合いを付けて仕事行きましょうw

釈迦に説法だと思いますが、そんな日は嫌というほどありますし、そうかと言ってその度に休んでいたらキリがありませんし・・・ねぇ?

 

 

「人間関係のストレス」で仕事に行きたくない時にすべきこと

 

僕が受けてきた相談で一番多かったのがこれです。

解決策は主に5つ、軽度なものから順に説明します。

 

① 当人同士で話し合いの場を持つ
② それが難しい場合は第三者(上司など)に立ち会ってもらう
③ 相手が上司の場合は更に上司 or 人事部に相談してみる
④ 「異動願」を検討する
⑤ 転職する

 

① 当人同士で話し合いの場を持つ


自分と同程度のポジションの人とうまくいっていない場合の対処法です。

 

多くの場合は隣の席の人、同じ部署の人など、仕事上接触が多い人とトラブルになりやすい傾向があります。

この場合にすべきことはシンプルで「本人と話を付ける」というのが最も早く解決に繋がります。

「簡単に言うけど、実際はそんなに単純じゃないんだよ・・・」と思うかもしれませんが、特定の相手とギクシャクしているのであれば、本人と話すこと以外で解決することはできません。

普段その相手とはできるだけ話したくないので「同僚と飲みに行った時に名前を出して愚痴る」「周囲に相手のことを悪く言う」というアクションになりがちですが、これをやってしまうとかえって炎上してしまい、修復は一層困難なものになります。

何よりも、良識のある人からすると「理由はどうあれ相手を陥れるようなことをしているあなたにも問題がある」と思われてしまい、自分の撒いた種で孤立してしまうこともあります。

 

ちょっと厳しいようですが、この手のトラブルは「相手とのコミュニケーションからの逃げ」から発展することが多く、あらぬ誤解で食わず嫌いしてしまっているケースが非常に多いので、勇気を出して話し合いの場を持つことをおすすめします。

まるで戦にでも行くかのように意を決して話してみると、「案外気が合って肩透かしをくらった」とか、「意地悪だと思っていた態度に全く悪気が無かった」とか、むしろ「自分の為を思ってのことだった」など、相手の背景がわかることでわだかまりが解けるケースが多々ありますよ。

 

話し合いの際に絶対にやってはいけないことは、「クレーマー」ような態度を取ること。

もし相手に悪気が無かったのであればそれは「言いがかり」に他ならず、いたずらに相手を怒らせてしまいます。

 

「自分はこのように感じているんだけど」

「私もストレートに言い過ぎるところがあるんだけど」

「私の思い違いだったら本当に申し訳ないんだけど」

 

といった言葉を添えて、相手のことも気遣いながら「真意を確認する」というスタンスが重要です。

ムカついていることを思い知らせたいわけでなく、あくまで解決して明日から自分が仕事に行きやすくなるための話し合いなのですから。

 

 

② 難しい場合は上司などにも立ち会ってもらう


一触即発のような状態で当人同士での話し合いが困難な場合、そのチームの上司に相談しましょう。

①と同様で、ここでも「クレーマー」は厳禁ですよ。

明らかに相手に非がある場合を除き、上司に告げ口するようなことを言っても自分の評価を地に落とすだけです。

 

あくまで上司はチームとして協力し合ってよりよいパフォーマンスを発揮すること、それを持って自分のチームの目標を達成することを望んでいます。

であれば、「自分がこんなにも困っている」という自分本位な主張は上司にとっては結構困る相談で、なだめる他ありません。

 

「チームワークが乱れていてベストパフォーマンスが発揮できていない」

「自分としてはお互い気持ちよく良い仕事をしたい」

「今の状態では相手もきっと苦しんでいる」

 

というチーム全体を見渡すような視点があると、上司としても協力しやすくなるのは確かです。その上で、

 

「どうなればお互い気持ちよく仕事ができるのか」

「自分ではどこまで歩み寄れるのか」

「どうしても上司に手を借りたいのはどの部分か」

 

ということを伝えた上で、相手との間に入ってもらいましょう。

上司が同席するかワンクッション入れておいてくれれば、お互いヒートアップして言い合いになることは避けられますし、建設的な話し合いができますしね。

 

 

③ 相手が上司の場合は更に上司 or 人事部に相談してみる


うまくいっていない相手が直上の上司の場合。

これはタイトルそのままですが、その上司のさらに上の上司に掛け合って意見を仰ぐ、または間に入ってもらう方法。

または中立の人事部に相談するという方法もあります。

 

上司というのは時に理不尽な要求をしてくるものですが、上司という役割を果たすために、普段の人格とは全く違う役柄を演じる場面が少なくありません。

あまりに要求がクレイジーだと、上司の人格そのものを疑ってしまうケースが多いですが、本当にその人の根本的な人格に問題があるケースというのは意外と少なく、上司の方も部下との接し方に悩んでいたりします。

いずれにせよ、直上の上司と直接話しづらければ、これも第三者に応援を依頼することでスムーズに解決することが多いです。

 

④ 「異動願」を検討する


この場合の相談は関係が良好なら上司へ、特に良好とは思えなければ人事部に相談です。

 

これは意外と自分では考え付かない選択肢かもしれませんが、人事として異動を提案することが少なくありませんでした。

自分の普段の仕事や、そこから見える他部署の少ない情報だけだと、自分が他の部署で仕事が務まるとは夢にも思いませんが、会社が大きければ大きいほど、今のスキルを活かせる部署がある可能性が高いのです。

いきなり退職を検討するのではなく、ダメ元で異動できないか相談してみることをおすすめします。

 

 

⑤ 転職する


上の4つで全く解決の兆しが見えない場合、転職を検討しましょう。

「転職=逃げ」じゃないか?みたいな自責の念で自分の首を締めないようにw

 

同僚、上司、ステークホルダーなど、本当に「どうしても環境が合わないことが原因で本来のパフォーマンスが発揮できない」ということも全く珍しいことではありません。

前職で活躍していた人が転職後に鳴かず飛ばずになってしまうケースもありますし、逆にこれまで目立った成果を挙げられなかった人が、転職後に人が変わったように大活躍した、というケースも実際に何人も見てきました。

自分が所謂「仕事がデキない人」なのではなく、環境を変えることで本来の力を発揮できる可能性は決して低くありませんよ。

 

近年では転職はポジティブなものに変わってきているので、そこまで神経質に悩む必要はありません。

今すぐで無いにせよ、今の会社以外の選択肢を持つだけで追い詰められた気持ちが軽くなって、それがキッカケで本来の力を発揮できるようになることもあります。

 

できればその場の勢いで退職はせずに、社外での自分の市場価値を測ってみるのは思っている以上に新たな発見がありますよ。

というのも、今の給料はあくまで会社の中での相対評価であって、勤続が長い人ほど市場全体における評価よりも過小評価されている場合が非常に多いのです。

「どんな会社からオファーが来るのか?」「自分の適性年収はいくらなのか?」というのは以下でスマホからでも簡単に知ることができますよ。

自分の「適正市場価値」を調べてみる

 

会社の外に目を向けてみると、想像もしていなかった分野で自分のスキルを求めている会社があったり、市場全体で(人材不足などの理由で)給料が高騰していることすらあります。

僕は転職回数が多いこともあって、自分の社内での評価以外に、「人材としての市場価値」には常にアンテナを張っていました。

転職する気が全く無い時でも、複数の転職サイトに登録して日頃から色々な会社からオファーを受け取っていたので、結果的に良いタイミングで転職ができて、転職の度に年収が増えていきました。

 

 

 

 

「ハラスメント」で仕事に行きたくない時にすべきこと

 

セクハラ、パワハラ、モラハラ、マタハラ・・・ちょっと行き過ぎな気もしますが、ハラスメントもここ数年でかなりの種類に分類されるようになりました。

この悩みを抱えている人は、心中を察しきれないほど本当にご苦労されていると思います。

デリケートな内容が多く、誰にも相談できずに抱え込んでしまってどんどん追い詰められていってしまうことが多いからです。

 

この状況の時にすべきことは、「人間関係のストレス」の項と基本的には同じで、「当人と話す」「難しければ上司や人事部に相談する」というのが早期解決の鉄則ですが・・・第三者としては「転職を検討すべき」と思います。

程度にもよりますが、そういった問題が上層部に届かない風通しの悪い風土や、働きやすい社内環境作りを軽視しているなど、組織風土そのものに根深い問題がある可能性が高いからです。

自分が声を上げることで全社的に改善に向かうこともありますが、表向きはそうであっても自分が社内で目立ってしまったり、かえって風当たりが強くなってしまったりと、副作用が出やすいのも理由の一つです。

 

ハラスメントの問題は他の転職理由とは少し性質が違い、自己都合の退職であっても会社都合寄りの致し方ない退職理由として解釈してもらえる場合が多いので、転職が結果的に良い方向に進むケースは少なくありません。

1点だけ注意点を挙げておくと、転職活動で面接官が気にするのは、「きっとご苦労されたことだろうけど、本人側にそうされる理由は無かったのか?」という部分です。

決して事実関係を疑っているわけではなく、面接官も採用に責任を負っているので、極力事実に近付きたいと思って面接をしているので。

なので、一方的に被害者として主張するのではなく「もしかしたら私にも何か原因があったのかもしれませんが・・・」といった姿勢が見られるとこの点はクリアになりやすいです。

 

 

 

「根本的に」会社に行きたくない時にすべきこと

 

一度でも転職経験がある人に多いのがこのケースで、「会社で働く」という枠組みそのものに苦痛、窮屈を感じる場合。

「転職したからこそ行き着いた悩みの本質」とも言えると思います。

ちなみに僕はこのタイプでした。

 

近視眼的には「この上司がイヤだ」「この仕事にやり甲斐を見出だせない」と身近な事柄に不満を覚えるので、転職で環境を変えようと考えがちで、実際転職もするのですが、何度転職しても変わらないものもありました。

 

「通勤時間ズラせば通勤でこんなに疲れないのに」

「昼休みがみんな12時って謎、だから混むんだよ」

「命令だからって何でも聞かなきゃならないのはおかしい」

「仕事で親や友達の緊急事態に駆けつけられないってどういうこと?」

「もっと効率的で良い仕事の仕方があるのに、会社の決まりでそれができない」

「もっと新しいものを取り入れた方がいいのに、経営陣の頭が固い」

「給料が上がらなくて今後の生活設計に支障が出る(子どもを増やせない、家を買えないなど)」

「できれば働かないで光合成だけで生きていきたい」

 

そして昇進して給料が上がれば、今よりも何かが良くなると思ったからこそ他の人よりも努力してきたのに、成果を上げれば上げるほど損をする実態もあります。

 

 

いろいろなケースを挙げてみましたが、これらは何度転職しても解決しません。

僕自身4回転職しましたが、「どうしても変えられない枠組み」というものが会社には必ずあって、転職で解決できたと思っても、それは一時的なものでした。

何故なら、仕事環境というのは想像以上に不安定なもので、最初は良くても上司が交代したり、自分が異動すれば一夜にしてその環境は変わってしまいます。

会社という「他人が作った組織の枠組み」に身を置いている以上、自分ではどうやってもコントロールできず、ずっと付きまとう問題です。

 

この状況ですべきことは2つです。

 

● 自分がその枠組みに合わせていく
 ・給料が下がったら生活水準も下げる
 ・異動になったら引っ越す
 ・今以上の生活を望むなら配偶者にも働いてもらう など

● 独立を目指してその枠組みから出る
 ・独立起業する
 ・給料に代わる収入源を確保する

 

前者を選ぶ人が多いですが、僕は断然後者をおすすめします。

何故なら、「過去に例を見ないほどハードルが下がっているから」です。

 

一昔前、起業のハードルは非常に高いものでした。

 

副業禁止なので会社を辞めて

数十万払って法人登記をして

仕入れををして

必要な設備を買うか借りるかして

朝から晩まで血眼になって働いて

売上が立つまでずっと赤字を垂れ流し

そこまでやっても芽が出ない

 

今ある安定を捨てて、多額の資金と全ての時間を投入してやっとスタートライン、みたいな。だから余程の理由がある人でなければできないことでした。

大袈裟ではなく実際に「サラリーマンを辞めて一か八か起業する」みたいな感じだったので、夢や希望よりも恐怖が勝って、大勢の人がこの道を選ばなかったのも頷けます。

というか、僕もその一人でしたしね。

 

でもそれは一昔前の話。現在はどうかというと、

 

個人でも

まとまった資金が用意できなくても

(副業が解禁されたので)会社勤めをしながらでも堂々と

スモールビジネスを始めることができて

しかもできることの種類も多い

 

「会社を辞めて一気に勝負をかける」のではなく、「会社に勤めながら小さく始めて、うまく伸びたら会社を辞める」という安全策が採れるようになって、「起業のハードル」は過去に例を見ないほど下がっています。

残るハードルは何かと言えば「何をどうすればいいかわからない」というくらいだと思いますが、そこは少し勉強すればいくらでもカバーできます。

僕の経験則なのでどちらも「サラリーマンを続けたままできること」です。

 

 

 

この方法の良いところは、「1つに絞らなくてもいい」というところです。

「1つで大成功しなくても生活するくらいの収入は確保できる」というのもハードルを下げている一因だと思います。

「実働のビジネス1個を育てながら、手のかからない投資を2〜3個セットしておく」みたいな組み合わせであれば、仕事をしながらでも充分可能ですからね。

 

少なくとも僕は、会社を辞めて不労所得だけで生活できるようになって、サラリーマン時代の悩みは綺麗サッパリなくなりましたよ。

 

最後に

 

この記事に辿り着いてここまで読んでくれたということは、きっと今現在悩みながらも精一杯頑張っていらっしゃるのでしょう。

口に出すことでスッキリするくらいなら良いですが、モヤモヤした状態が何年も続くと、知らず知らずのうちに自分の中に蓄積していき、体調にまで影響が出てしまいます。

実際に体調や精神を病んで休職、退職にまで発展してしまった人も大勢見てきました。

そうなる前に、この記事の中にあなたに合った処方箋が見つかれば嬉しいですし、「仕事も会社も悪くないな」と思える日が来ることを願っています。

 

 

0

2件のコメント

  • はじめてコメントさせて頂きます。
    色々悩むことがあり、日曜の夜更けなのに寝ることが出来ず、検索している時にここに辿り着きました。

    29歳にして5社目の男です。
    自分がポンコツで仕事が上手く出来ず転職をし、数度目に入社した会社の在籍中に鬱病になり、同時にADHDを持っていると診断も受けました。

    半年程休養した後、今の会社に入社して1年半
    入社時に鬱病の事やADHDの診断書も出し、現上司にもお話させて頂きました。
    配属当初はそういった懸念も無く、上司からの評判も良かったようでしたが、最近はミスも増え、毎日何かしらの指摘を受けながら仕事をしております。

    上司と現状を話した際には「嫌々仕事をしている」「やる気が感じられない」「仕事のミスも多く遅い」「何度も同じことを聞いている」等々指摘を受けました。
    確かにその通りで、瞬時に理解出来ず、物覚えも悪く、メモを取ってもそれと少しでも違う状況になる度に質問していますし、ミスが怖く自分から仕事を取りに行くだけでも動悸が激しくなります。

    もっと具体的に努力していかなければ!ここでまた逃げるのか自分!という思いがある反面
    仕事の環境が合っていないのかな、とは言えまた転職する訳にも、、、というような堂々巡りの状況の中、とうとう今日眠れなくなってしまいました。

    仕事そのものに恐怖を感じていますが、記事にありました通り、転職回数が多い為そういう気持ちになっているとも思いますし、どこの会社に行っても同じ悩みは必ずありますので、自分がもっと周囲に合わせていけるように工夫していきます。

    0
  • 匿名さん
    コメントありがとうございます。
    何度か読み返させていただきました。十二分に頑張られていると思いますよ。

    仕事のミスが増え、上長に指摘されて自信が無くなってしまっているのと、
    経験上、職種のミスマッチが起きているような気がします。
    「自分の才能に気付いてる?本当に向いている仕事がわかる有能ツールまとめ」という記事で
    自分の特性や才能の見つけ方を解説しています。

    適正を診断してみて、今の仕事内容と特性が合っているかを見比べてみると、
    何か新しい発見があるかもしれません。活用してみてくださいね。

    0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA