お金の話

【体験談】投資だけで生活することは可能なのか?【経験者が語る】

筆者の僕は、投資歴8年、3年間ほど毎月30万円の投資利益あり。
金融資産は5,000万円くらい。

参考:投資で月30万円以上稼げるようになって思うこと【実名+証跡公開】

 

今すぐ投資だけで生活することも可能ですが、僕は投資の月収が100万円になっても「投資で生活できる」とは到底思えないので、事業もやってます。

 

これまでの経験からわかったリアルを共有します。

「投資だけで生活する」を現実的に考えてみる

分解しつつ、現実的に考えてみましょう。

生活できる投資収入とは

投資で得られる利益は大きく2種類。

  • キャピタルゲイン:株の売却益など、継続性がない収入
  • インカムゲイン:配当金など、継続性がある収入

超ざっくりですが、上記の通り。
生活するだけで毎月お金がかかり、毎月収入が必要になります。すいません、当たり前ですね。

 

よって、結論は以下の通り。

インカムゲインが生活費よりプラスなら、投資で生活は可能。

やってみるとわかりますが、キャピタルゲインで生活するのは無謀です。プロや機関投資家でさえも安定的に利益を出し続けるのは不可能ですので。

 

キャピタルゲインでは「億」あってもキツイ

仮想通貨バブルのときに「億り人」というワードが生まれましたが、多分彼らも投資だけで生活はできていないはずです。

 

かなり昔に書いたものですが、以下の記事でその理由を解説しています。

参考:仮想通貨で億り人になってもアーリーリタイアはできない!

 

インカムゲインで生活するには

元本と利回りからざっくり逆算できます。
仮に月30万円、年収360万円ほしいとすると、以下の通り。

  • 1億2,000万円 ✕ 年利3% = 360万円/年
  • 7,200万円 ✕ 年利5% = 360万円/年
  • 3,600万円 ✕ 年利10% =360万円/年

こんな感じ。
ハードル高すぎワロタって感じですよね。

投資で生活できる条件とは

上記を踏まえて、投資で生活するには以下の条件を満たす必要があります。

  1. 高利回りの投資先に投資する
  2. 膨大なお金を投資する
  3. その投資先が利益を出し続ける

長年投資の世界に身を置いてきましたが、これ以外の方法は無いと思います。

 

僕は30万円の固定利益がありますが、ぶっちゃけ仮想通貨でかなり元本が増えたのが大きいです。あれが無かったら今、月30万も稼げてませんので。

いつ、どうなるかわからないのが投資

投資に「絶対」はありません。
僕が過去に投資した案件は数え切れませんが、ある日突然終了することも珍しくないです。

 

実例公開:僕が過去に投資したモノ

実例を見た方がイメージが湧きやすいと思うので、以下をどうぞ。

  • 東南アジア某国のゴールド案件
    費用:約130万円
    損失:約60万円と、その後得られるはずだった利益すべて

    某国の王族から金を買い、費用の一部を現地で運用、毎月2万円弱の利益。
    現地に渡航する必要があり、現地で王族と食事もした。
    そもそも王族が仕切っている案件は安全だろうと投資したが、1年も絶たずに会社が倒産。

  • 新規サービス案件
    費用:約100万円
    損失:約100万円

    新規サービスの事業投資。オンラインバンクを開設し、売上の一部を受け取るもの。
    サービスが軌道に乗らず、回収不能。

  • 某メジャーコイン(仮想通貨)マイニング案件
    費用:約75万円
    損失:約40万円

    東南アジア某国に設置されたマイニングマシンを保有。
    毎月メジャーコインをマイニング、2年後にマシンを売却して売却益も得られる。
    投資半年経っても想定していた収益が出ず、後日運営会社社長による横領が発覚。
    マイニングされたコインは横領され、マシンは損耗、マイニング環境も変わってしまい、回収不能。

  • 新規仮想通貨案件
    費用:約350万円
    損失:元本は利益で回収済み

    今では珍しくなくなった、新規仮想通貨を上場前の安いうちに買いませんか案件。
    付帯サービスも充実していたが、MLM形式で販売した結果、販売員が誇大広告などで問題になり訴訟。
    法整備により同社のコインが上場不能に陥り、コインに値段が付かない事態に。現在訴訟中。

こんな感じでして、投資しようと決めたときには想定していなかったトラブルなど、色々な理由で想定していた利益が出なかったり、いきなり終わったりもします。

何十もの案件に携わって感じることは、「安定なんて程遠い」ということ。
これが「投資だけで生活できるとは思えない」理由です。

「不動産投資で家賃収入を得る」とかは安定収入の代表格でしたが、人口減りまくりのこれからの時代はわかりません。
災害リスクや空室リスクなど、知れば知るほど簡単じゃないこともわかりますしね。

 

投資で「生活を少し変える」ことは可能

生活はできなくても、生活は変えられます。

スケールを縮めても結構幸せな話

上を見ればキリがないですが、そこまで行かなくても実は結構幸せです。
1/100で再計算したのが、こちら。

  • 120万円 ✕ 年利3% = 3,6万円/年
  • 72万円 ✕ 年利5% = 3.6万円/年
  • 36万円 ✕ 年利10% =3,6万円/年

年間3,6万円=月3,000円です。

こう聞くと「ショボい…」と感じるかもですが、格安SIMとか使ってれば毎月の通信費タダくらいになりますよね。

生活まではできないけど、ちょっと生活が変わるはず。
これは割と誰にでもできる、現実的な話です。

 

再投資していけば利益は増えていく

スマホ代タダも悪くはないですが、使ったら無くなってしまいます。
利益を元本に再投資し続ければ、収入は徐々に増えていきますよね。

投資の利益は元本に比例するので、元本が倍になれば、利益も2倍。
スマホ代の他に水道代もタダになるかもだし、そのうち家賃がタダになるかもです。

地道な作業ですが、チリツモです。
長く続けていると、いつの間にかショボくなくなっています。

学び、投資し、また学ぶ

一攫千金が叶うほど甘い世界ではありませんが、ちょっとずつ生活を変えたり、未来を大きく変えることなら難しくないのが投資です。

 

ここに価値を見出だせるなら、学び始めましょう。最低限の知識を付けたら、実際に投資しましょう。実践が一番の勉強ですので。
最初の一歩に、以下の記事もぜひどうぞ。

>> 投資・資産運用スタートガイド【投資歴8年の僕が解説します】

この記事が参考になったら
\Follow me!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA