オピニオン

【失敗ばかり】月5万稼ぐまでに僕がやってきた副業|凡人の戦略

筆者の僕は4回の転職を経て、副業歴6年目となる2018年に会社を辞めて独立し、2019年に代表取締役になりました。

この一文だけだとちょっとかっこ良く見えるかもですが、過去の僕は2年かけて月5万円も稼げませんでした。

✅僕が月5万稼ぐまでにやってきたこと
・株のデイトレ→6ヶ月で退場
・ブログを200本執筆→6ヶ月で挫折
・不動産投資を学ぶ→お金減った
・学生向けに講演→売上は全部会社へ
・メルマガを300本配信→少し稼げた
・電子書籍執筆→少し稼げた
・一般向けに講演→少し稼げた

ほろ苦い駆け出し時代😇

こんなに失敗続きで、よく諦めなかったなぁと。

上記ツイートを深堀りしつつ、過去の僕へ「経験を積んだ今なら何から始めるか」と合わせて解説します。

割と勇気が出ると思いますので、ぜひ読んでみてください。

月5万稼ぐまでに僕がやってきたこと|失敗ばかりで稼げない

本当に失敗ばかり。根性無いので挫折も早かったです。

株のデイトレ → 6ヶ月で退場

最初は王道の株式投資から始めました。

 

やり始めたキッカケ

12時間労働のサラリーマンだったので、時間が無くてもできる副業を探していたら、稼いでる専業デイトレーダーのブログを見つけたので、読みつつ独学しました。

 

具体的な内容

  • ローソク足、ファンダメンタル分析など一通り独学
  • 貯金のほぼ全額100万円を投下してデイトレード
  • 買って数分で売却→利益も損失も少なすぎ
  • 資金が少な過ぎることに気付き信用取引を始める
  • 絵に描いたような利小損大

リスクが怖かったので2〜3ヶ月くらい鬼学習して参入しました。

超短期トレードだったので画面に張り付く必要があり、仕事中も取引板から目が離せず。

仕事にも絶対支障が出てましたが「これで稼げたら会社辞められる」と思っていたので必死でした。

 

結果:6ヶ月後に100万円をほぼ溶かして退場

追証に引っかかったりしながらジワジワと資金が減り、6ヶ月後に資金がショート。

追い銭する余力もなく、一向に上達する気配もなかったので諦めました。

 

今なら何から始めるか?

まずは投資の基本を学ぶべき。無知では確実に火傷します。

当時学んだことはnoteにすべて書き記しました。

>> 投資の教科書

 

実際投資するなら「ロボアド」や「ソーシャルレンディング」からがいいと思います。

専門知識やスキル不要で、運用を自動化できます。

>>【2強比較】ロボアドバイザーとは?メリット・デメリットを解説。

>> 初心者でもベテラン同等の利益!「ソーシャルレンディング投資」とは?

ブログを200本執筆 → 6ヶ月で挫折

お金が無くなったので、次はブログを書き始めました。

 

始めたキッカケ

専業デイトレーダーがブログで成績やノウハウを公開していたことに疑問を感じ(ライバル増えるだけやんと思った)、調べていくと「ブログも稼げるらしい」ということを知りました。

 

具体的な内容

  • 匿名アカウント(仮面サラリーマン)として執筆開始
  • アメブロで200本記事を執筆
  • 1本あたり2〜3時間
  • 内容は投資や副業で学んだ成功哲学やファイナンシャルプラン
  • 収益導線は書籍の紹介くらい

なんというか、無知過ぎました。

  • 記事は主に自己主張
  • アメブロの時点で広告費は稼げない
  • SEO対策まったくしてない
  • Googleアドセンス知らず
  • 「アフィリ=怪しい」という時代だったのでほとんど手は出さず

これで稼げるわけがない。笑

 

※ちなみに当ブログ(まねとーく)とは別サイトです。

恥ずかしすぎるので見せたくないんですが、貼っておきます。できれば見ないでください。

参考:仮面サラリーマンのタメになるアウトプット

 

結果:1ヶ月で数百円しか稼げず挫折

Amazonアフィリで紹介していた本がちょこちょこ売れたのみで、1冊2,000円以上のマイナー本のアフィリも貼ってましたが、売れず。

「確かにお金は稼げるけど無理ゲーすぎる」と思い諦めました。

 

今なら何から始めるか?

正しいプロセスで副業ブログを作ればOKです。

最低でも以下のことは理解する必要があります。

  • WordPressブログで始めるべき
  • ブログのアクセスはどんな仕組みで増えるのか
  • 誰に向けて、どんな記事を書けばいいのか
  • SEO対策
  • 収益化方法

以下の記事で何からどう学習し、どうやってブログを作っていけばいいかを網羅的に解説しています。ぶっちゃけこの通りやるだけで月5万は余裕なはず。

>> 初心者が副業ブログで月5万円を稼ぐまでの完全ロードマップ

不動産投資を学ぶ→お金減った

やっぱり投資かなと思い直し、次は通信教育でちゃんと不動産投資を学びました。

 

始めたキッカケ

1社目に勤めた不動産仲介会社で新築物件を担当したことがありました。

大家さんは「銀行から借り入れて新築→家賃収入から返済していく」ということをやっていたのを思い出しました。

 

具体的な内容

  • ファイナンシャルアカデミーの通信教育、費用は20万くらい
  • 講師は家賃年収400万、借金2億(借り入れ)
  • 「1000・100・1の法則」に気が遠のく
  • 自宅で学習したが、疲れすぎて眠すぎて毎回寝落ち

嫁さんが妊娠中だったので、自宅なら一緒に学べると考えました。

「1000・100・1の法則」とは、「1000件の物件資料を見て、100件の現地確認に行き、購入に至るのは1件」という行動指針の話です。

 

結果:カリキュラムが終わる前に挫折

当時はサラリーマンの仕事が激務で帰りは遅く、休みの日に物件を見に行くような余力もなく、できる気がしませんでした。

恥ずかしすぎる話ですが、不動産投資の学習は法律分野が多く、恐ろしいほど興味が持てず毎回寝落ちして起きたらDVDが終わっていました。

さらに、講師のスペックを聞いて「こうなりたいわけじゃない」と思い、物件資料を見ることも無く辞めました。

当時の教材は今でも残っています。20万円以上払って買ったものなので、処分する気になれなかったです。笑

 

今なら何から始めるか?

繰り返しになりますが、下記2点。

  • まずは投資の基本を学ぶべき
  • 時間的負担が無い、金銭的に身の丈にあった投資から始めるべき

以下のnoteで投資の基本は体系的に学べます。

>> 投資の教科書

 

時間的負担の無い、身の丈にあった投資は繰り返しになりますが、「ロボアド」や「ソーシャルレンディング」辺りが最適です。

>>【2強比較】ロボアドバイザーとは?メリット・デメリットを解説。

>> 初心者でもベテラン同等の利益!「ソーシャルレンディング投資」とは?

学生向けに講演→売上は全部会社へ

人事部だったころ、就活生に向けて「就活セミナー」をやりました。

 

始めたキッカケ

地元で一番偏差値が高い大学の生徒たちが、覆面で「就活デモ」をやっているのを見て、「世の中の就活ってやっぱおかしいわ、人事部の立場から彼らに色々伝えたい」と思ったのがキッカケ。

会社命令ではなく、自分で1から企画して会社に持ち込みました。

 

具体的な内容

  • 複数の学生団体に連絡を取って集客
  • 就職支援スペース、ジョブカフェに営業をかけて集客
  • 友達と自分で採用した新卒社員1人とチームを組んだ
  • 会場を借りて講演

こんな感じでした。

一緒に飲んでいた友達に思いの丈を語ったところ、学生団体やジョブカフェに顔が効くからと裏方をやってくれることになり、Webデザイナーの卵だった新卒社員がフライヤーなどを作ってくれることになりました。有り難かったです。

僕は「世直し」的な動機で始めましたが、地元でちょっとだけ話題になり、いくつかの大学からオファーを受けて登壇するようになりました。

 

結果:売上は会社の利益、自分にはノウハウが残った

結果、会社の新卒採用が捗り、講演のギャラで会社がちょっとだけ儲かりました。

費用は全部会社が出してくれていたし、営業上がりだったので「人事部で売上作るって結構凄くね?」と思い、売上は当然会社の売上としました。

個人としての稼ぎは0円でしたが、講演のノウハウが溜まって今でも役立っています。

 

この頃のノウハウを元に講演活動も収益化していき、最終的には副業になっていくんですが、この辺りのことはnoteで公開しています。

>> 副業の始め方|好きなことをマイビジネスに

 

今なら何から始めるか?

「自分のノウハウを人に教える」ということであれば、シェアビジネスがいいと思います。

どんなノウハウを誰に教えたいかで使うべきプラットフォームは変わります。

ココナラ ・スキルのフリーマーケット
・利用者300万人超
【詳細】スキルをシェアする副業
タイムチケット ・私の30分、売ります
【詳細】スキルをシェアする副業
ストアカ ・まなびのマーケット(オンライン講師)
・教師や講師の経験が活かせる
【詳細】スキルをシェアする副業
ビザスク ・日本最大級のスポットコンサル
・本業でアピールできる実績がある人向け
【詳細】スキルをシェアする副業

「シェアビジネスって?」という方はまず以下の記事をどうぞ。

副業の選択肢としては絶対に理解しておくべきです。

>>【副業】シェアリングエコノミーとは?わかりやすく解説【新常識】

メルマガを300本配信→少し稼げた

メルマガも書きました。

始めたキッカケ

当時知り合った人がメルマガで結構稼いでおり、「今はリストマーケティングの時代だ」という話を聞きました。

やり方を教えてもらい、ガンガンメールを書いて送りました。

 

具体的な内容

  • レンタルサーバーとメルマガスタンドを月額課金で借りる
  • 内容は最初のブログの延長
  • 読者に告知してセミナーを開催

こんな感じで、「固定費を払い、自分で稼いで利益を出す」というお金の流れができてきて、ちょっとだけビジネスっぽくなりました。

 

結果:月3万くらい稼げた

ここでようやく月3万円くらい稼げました。

メルマガを一番頑張ったのに、会場費を払ってセミナーを開かないと収益にならない、参加者が少なければ会場費で赤字と複雑な気持ちでした。

ようやく少し稼げるようになりましたが、「労力と収入が釣り合わない・本業が忙しくなるとセミナーができない」という理由で辞めました。

 

今なら何から始めるか?

情報発信なら副業ブログでいいと思います。

>> 初心者が副業ブログで月5万円を稼ぐまでの完全ロードマップ

電子書籍執筆→少し稼げた

電子書籍ですが、生まれてはじめて本を書きました。

 

始めたキッカケ

当時色々なことを教えてくれた事業家の方が「そんなに上手に文章書けるなら本書いたら?」と言ってくれたので。

本なんて書いたことないので抵抗はありましたが、信頼する人からの言葉だったのでやってみることにしました。

 

具体的な内容

  • 最初のブログの記事を体系化し、加筆修正
  • 執筆期間3ヶ月
  • 単価は980円
  • 「ブクログのパブー」というプラットフォームで販売

執筆途中に会社を辞めて時間ができたので、転職活動をしつつ残りの時間で一気に書き上げました。

ブクログのパブーは2019年9月にサービス終了しています。

 

結果:初めて「自動収入」が稼げた

最初は友人知人が結構買ってくれて、月2万円くらい稼げました。

徐々に売上は下がっていきますが、1年以上毎月数冊売れるという状況になり、初めて「自分が作業していなくても収入が入る」という経験をしました。

金額は小さいですが、「印税」ですよね。

同時に、自動収入ではあるけど、本はずっと売れ続けるものではない(=収入としては継続性がない)ということもわかりました。

 

今なら何から始めるか?

さっきから何回か名前が出ていますが、noteを販売するといいです。

「電子書籍を書いたことがある」という経験があったので、抵抗もなくすんなり書けて、本記事執筆時点で2年くらい毎月売れています。

参考:副業の始め方|好きなことをマイビジネスに

参考:投資の教科書

 

事実:副業は月5万円までが一番シンドイ

ちょっと長くなってしまいましたが、いろんなことをやってきました。

ここまで読んでみてぶっちゃけこう思ったかもですね。

うわぁ…マジか…しんど…

すいません、事実を書いたので萎えるかもしれませんね。

 

ですが、2つ朗報があります。

  1. 手段がめちゃくちゃ増えた
  2. 最初が一番シンドイ

朗報①:手段がめちゃくちゃ増えた

読みながら気付いたかもですが、当時の僕はアナログ的に頑張っており「お金を生まない作業」にかなり時間を取られていました。

でも今は、サポートしてくれるWebサービスや情報が圧倒的に充実しています。

上記の通り。

アナログな努力をしなくても、すぐに参入できるプラットフォームがたくさんあるので、参入障壁がめちゃくちゃ下がってます。

朗報②:最初が一番シンドイ

経験上、「スタート時→5万円を稼ぐまで」が一番しんどかったです。

つまり、そこからは徐々に楽になってくるということ。

  • 月0円〜5万円 ←かなりハード
  • 月5万円〜10万円 ←まだハード
  • 月10万円〜30万円 ←少しハード
  • 月30万円〜50万円 ←あれ、もっと行けそう

肌感覚ですが、こんな感じです。

最初は「知識も経験もノウハウもない、わからないことしかない」という状態なので、装備がないまま魔王を倒す旅に出る感じ。

でもレベルが上がり、装備が揃ってくるにつれて強敵を倒せるようになってきますよね。

なので、「月5万でこんなにしんどいなら無理だわ…」と諦めないでください

やっていることが回り始めると徐々に楽になってきますので。これはマジな話です。

短期間で稼げたら天才か奇跡

Twitterとかを見ているとこんな人が目に入ります。

ブログ開設1年で月収100万を達成できました!

たまにラッキーで大きく稼げる人もいますが、ただの奇跡なので長続きしません。

断言しますが、今ガッポリ稼いでいる人たちの大半は、サクッと稼げるようになったわけじゃありません。

 

大事なことは、継続的にコツコツ努力することです。

最初はたくさん壁にぶち当たりますが、やっているうちに経験値が増え、できることが増え、収入も増えてきます。

大いなる誤解:稼げる人≠すごい人

もうちょっとだけ掘り下げます。

「Twitterで見かけるガッポリ稼いでいる人」の大半は以下のどちらかのはず。

  • コツコツ積み上げてきて稼げるようになってからスポットが当たる
  • マネタイズする前に圧倒的な経験値があった

社会派ブロガー「ちきりん」さんの下記のツイートをご覧ください。

「ガッポリ稼いでいる今」だけ見ているとなかなか気付けませんが、「スポットが当たる前=見えない部分」で鬼努力か鬼行動しています。

凡人は「動きまくること=多動」

最近の僕は色々なことでお金を稼げるようになったので、周りから「すごいね、自分には絶対ムリだわ」みたいに言われます。

ですが、これを読んでくださったあなたはもうわかったはず。

ただひたすら行動しまくっただけ。

たくさん挑戦し、たくさん失敗し、割とすぐ挫折もし、それでも懲りずに行動し続けた。

今は「複業家」「パラレルワーカー」なんて言ってますが、色々やってきて稼げたものが残っただけです。

 

種も仕掛けも無さすぎてガッカリさせてしまうかもしれませんが、事実です。

実際に、会社を辞めても生きていけるくらい稼げるようになるまで、僕は6年かかってます。

朗報:失敗ばかりでも、すぐに辞めても無駄ヅモ無し

最後にもう一つだけ朗報がありました。

 

僕の過去を見ていただくとわかる通り、どれも全然長続きしていません。

「根性」とか「ストイック」とか持ち合わせていないので、割とショボい理由であっさり諦めがちです。(書いててちょっと悲しくなりますが)

ですが、「全ての経験が活きて、今稼げている」という圧倒的事実があります。

無理だと思ったらすぐ辞めてもOKだし、飽きたからと辞めてもいいと思います。

「行動すること」を続けよう

考えているだけでは何一つ変わりませんので、まず小さく動くことが大切です。

小さく動き、小さく挑戦することを続けるべきかなと思います。

全然芽が出なくても、ビックリするほどうまくいかなくても、続けていれば経験値が溜まっていき、少しずつでも前に進んでいきますので。

 

最初の5万円が本当に一番キツイですが、実はそこが峠です。

ぜひ「継続的な多動」をやってみてください。

この記事が参考になったら
\Follow me!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA