買って良かったモノ

【悲報】Macbookが突然故障したよ【サポートに電話した結果】

ブログを書いていたら、突然画面が真っ黒に。
僕の頭は真っ白に。

絶望したので記事にしたためつつ、供養したいと思います。

 

ちなみにこの記事は予備機(2012年モデルのMacBook Air)で執筆しています。
画質悪いし、バッテリーガンガン減るし、ファンがうるさい…

 

いやぁ、最近のMacってこんなに進化してたんですね。(棒読み)

Macbookが突然故障したよ【サポートに電話した結果】

結論、有償修理一択でした。
お値段は最低でも65,000円とのこと。

カスタマーサポートのお姉さんがとても親身に対応してくれたのが、せめてもの救い。
危うく惚れるところだった。

あっという間:故障確定の判断基準2つだけ

先に結論的なことを。
カスタマーサポートの指示でやったことは以下の2つ。

いずれも反応なしで、修理が確定しました。

何故かサスペンスドラマとかでよく見る、亡骸の瞼を開けてライトを当てる映像が思い浮かびました…。相棒…うぅ…。

故障が確定すると、どうなるか

修理は修理なんですけど、データは消えるとのこと。
よりによって、バックアップは取ってない。やったわ。完全にやらかした。

嫁さんに軽くdisられました。
返す言葉もナッシング。

 

その後の対応

カスタマーサポートのお姉さんからの提案は2択。

  • 郵送 or 店頭持ち込みによる修理 → データ消失
  • 修理の前に業者に依頼してデータのサルベージ

電源が入らないので、自力でのデータ復旧は不可能。
修理費は検品の結果によっては65,000円に上乗せの可能性もあり。

 

 

あはは。あはははははは。(真顔)

修理してもデータは消えるし、修理費とデータ復旧費考えたら、買った方がマシです。
(修理より高く付いてるけど、いいの。もういいの。)

データの復旧も数万円はするので、とりあえず見合わせ。
本気で困ったら復旧できるように、しばらく故障機は保管することに。

不満:AppleCareが息してない

購入からわずか3年目で突然の故障。
公式保証のAppleCareは2年なので、期限切れ。完全にドブです。

迷ったけど、また登録することにしました。
子ども3人いるので、何が起きても変じゃない。
そんな時代さ。覚悟はできてる。

保証って、かけなかったときに限ってトラブル起きるよね。
で、かけると何も起きないよね。

なんだかなぁ。モヤモヤする。すごくモヤモヤする。

 

MacBookのスペックや故障時の状況

ここからは、書いているこっちも滅入ってくる。
せめて、誰かの役に立つことを願って。

故障したMacBookのスペック

↑MacBook2017年モデル(12インチ)

スペックの詳細はガジェット系ブログのパイオニア、「gori.me」さんに説明を譲ることにする。決してめんどくさかったわけじゃない。

参考:12インチ型Macbookのスペック比較|gori.me

故障時の状況

いつものようにブログを執筆していたら、なんの前触れもなく突然電源が落ちた。
「スンっ…」という感じで。

おいおい…勘弁してくれよセニョリータ。
書きかけの記事、保存してないけど大丈夫かなぁ…

 

ん?あれ?
電源が…入らない…だと…!

復旧に向けてやったこと

以下の3つ。

  • SMCリセット
  • セーフモードで起動
  • リカバリーモードで立ち上げる

正直、どれかで解決できると思ってました。

なお、それぞれどんなものなのか、操作方法などは「Dr.Home Net」さんを参考にしてほしい。決してめんどくさかったわけじゃない。本当だよ!

参考:突然Macが起動しなくなってしまった。そんな時に試したい解決策

 

PCの内部的なことに明るくないので、ここで自分の手には負えないことを悟り、Apple公式サイトへGOした。

 

【問い合わせ手順】故障したMacbookを抱きかかえ、Apple公式サイトへ

カスタマーサポートのお姉さんを思い出し、気力が戻ってきた気がする。

Apple公式の問い合わせ手順

  1. Apple公式サイト → サポート
  2. スクロールして、サポートしてほしい機種を選択
  3. サポートが必要なとき「こちらから」へ進む
  4. お使いの〇〇にどのような問題がありますか? → 「起動または電源」
  5. サポート方法を選択 → 電話

これで女神のようなお姉さんの手厚いサポートが受けられるはず。
僕はタイミングが良かったようで、電話番号を入力して1分くらいで折り返しが来ました。

電話口でのやり取り

正直、かなり焦っていたので細かいところはよく覚えていない。必死。

  • フルネームを聞かれる
  • Apple IDを聞かれる
  • 症状を説明する
  • 指示に従って手元のデバイスを操作
  • その後の対応の案内

こんな感じだったと記憶している。
お姉さんの親身さをお伝えできなくて、残念でならない。

 

電話を切っても後で続きから話せる

僕の場合は、修理予約をするかどうかで一旦保留にした。
修理と聞いた時点で、もう買い替えが頭を過ぎっていたからだ。

最後に、お姉さんが問い合わせ番号的なものを教えてくれた。

次回の電話で番号を伝えると、対応履歴を見てそこからやり取りを再開できるとのこと。

やるじゃん、日産。

 

これにて、やり取りは終了。

途中で口調が変わったのは大目に見ていただきたい。
書きながら思い出してしまい、ちょっと今、余裕がない。

 

MacBook完全故障でやっておいてよかったこと

バックアップを取ってなかった時点で取り付く島もないのだが、ちょっとだけ救われた事もあった。

クラウドデータは無事

僕は普段からクラウドサービスをよく使っている。

  • Google Chrome
  • Googleフォト
  • Googleカレンダー
  • Gmail
  • Evernote

書いてみて気付いたが、ほぼGoogleだった。
「クラウドサービス」って言いたかっただけだ。なんか、カッコいい気がして。

Googleアカウントが神

Googleアカウント自体がクラウドサービスなので、ここにあるものは全部無事。
実際、Googleフォトのお陰で思い出は消えずに済んだ。

Google Chromeもログイン式のブラウザなので、デバイスが変わっても一瞬でブクマなどを復元できる。

 

もしGoogleアカウントを持っていないなら、作っておくことを強くおすすめする。

>> Googleアカウントの登録方法

 

上記はブログ運営に関する「Google AdSense」の記事だが、大目に見てほしい。
なにせ今、余裕がない。できればそっとしておいてほしい。

Evernoteも神

2011年頃から使っており、ノート数は15,000を超えている。
テキスト以外にも、あらゆるものがクラウド上に保存できる。

  • Word、EXCEL、PowerPoint、PDFファイルなど
  • 音声ファイル
  • 画像ファイル
  • Webページをまるごとコピー(リンクも有効) などなど

僕はEvernoteが好きだ。エバンジェリストになりたいくらい、好きだ。

控えめに言っても、Evernoteで人生が変わったし、Evernoteが無い人生はもはや考えられない。

No Evernote, No life.

言ってみたかっただけです。

 

なお、タイムチケットでEvernoteの超活用術を販売しており、購入者満足度は現在まで100%を誇っている。

Evernoteで人生を変えたい人は、ぜひチケットを購入してみてほしい。
購入いただいた代金で、少しでも今回の出費の足しにしたい。

>> 絶対マネしたくなる究極の「Evernote活用術」教えます|タイムチケット

 

MacBook完全故障での教訓

バックアップはこまめに取ろう。

これに尽きる。

やっぱ壊れるんだなぁ。機械だもの。

Windows MEから始まり15年くらいPCを使ってきたが、完全故障は初めて。

ちょっとPCの挙動がおかしかったときに、万一に備えてバックアップを取る感じだったが、Macの安定した動作に完全にたかをくくっていた。

こんなに突然壊れるなんて。マジで勉強になりました。

 

嫁さんがiPhoneを洗濯機にかけたとき、バックアップの重要性をこんこんと諭した。
にも関わらず、その結果がこれである。

Mac購入代金の半分を家計から負担してくれた嫁さんに、この場を借りてお礼を。
一生ついていきます。何でも言うこと聞きます。

最後に。

今回、購入から3年未満の突然の出来事で、正直震えた。
それでも僕は、Apple製品が好きだ。Evernoteと同じくらい、好きだ。

この記事を書くに当たって、約18万円の出費をしている。
願わくば、この記事が誰かの役に立ってくれれば。

そして、この記事唯一の収益導線であるタイムチケットが、1枚でも多く売れることを願って、筆を置くことにする。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が参考になったら
\Follow me!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA