【副業に迷っている人必見】5分でわかる「自分に合う副業」

 

2018年は副業元年と言われる年になりました。

 

大小多くの企業が副業を解禁してますが、リクルートキャリアが2,000社を対象にした調査によると、2017年の時点で兼業・副業を解禁している企業は全体の22.9%(5社に1社)にも上っています。

 

もちろん、この流れを受けて副業を始めている人も急増しています。
ランサーズの実態調査によれば、「副業としてフリーランスの仕事をしている人」は2017年度の時点で458万人、前年から42万人も増えたそうです。

そんな世の中ですが、この記事では、

 

「自分にできる副業ってなんだろう?」
「副業って言っても特別なスキルは無いしなぁ・・・」
「自分に合った副業を知りたいなぁ」

 

こんな疑問に答えます。

 

 

この記事の内容

・うまくいかない副業選び

・副業選びに迷わないためにすることはたった2つ

・副業を選んだあとにするべき2つのこと

 

 

2012年から副業を始めて、2018年に副業で独立した僕が、これまでの経験を踏まえてまとめます。上から順に読んでいくと、自分におすすめな副業が簡単に絞れます。

 

 

「好き or 嫌い」「できる or できない」は気にしない

 

副業の目的で一番大きなものは「収入を増やすこと」だと思います。
にも関わらず、冒頭のような悩みは目的がすり替わってしまって、それが「好きか、嫌いか」「スキル的にできそうか、できなさそうか」で選んでしまっています。

 

「収入を増やすこと」が目的で始めたはずの副業なのに、「好きなことはできているけど思ったほど収入が増えていない」という状況じゃ本末転倒ですよね。

 

 

副業を始める前にやることはたった2つだけ

 

副業に迷っている人は、まずこれをやれば道筋が見えてきます。それは、

 

1.ざっくり目標金額を決める
2.絶対に曲げられない条件を明確にする

 

順にサラッと補足しますね。

 

 

1.いくら稼ぎたいのかざっくり目標金額を決める


シンプルですが、真っ先にやることはこれです。

 

「自分にできる副業ってなんだろう?」

 

こんな悩みを旅行に例えると、

 

「自分が行ける旅行先はどこだろう?」

 

と悩むのと一緒。これだと選択肢が多すぎて、なかなか行き先が決まりません。
たとえば「予算5万円で行けるところ!」と範囲を絞ると、少なくともアメリカやヨーロッパなんかは候補から外れますよね。

 

副業も全く同じで、「月にいくら稼ぎたいのか」を決めることで、選択肢も自然と絞られます。

 

 

2.絶対に曲げられない条件を明確にする


人それぞれ、そこに使える時間や場所などの制約があります。その中で、「これはどうやっても変えられない」というものを把握しておくことで、さらに条件が絞られます。

 

たとえば、

 

●小さな子どもがいるから在宅でできること
●使える予算は(月に or 初期投資で)○円まで
●仕事で帰りが遅いから、使える時間は1日2時間まで
●時間はほとんど取れないけど、月○円までなら使える

 

こういった条件ですね。これら2つを明確にするだけで冒頭のような悩みはほぼ解決します。

 

1は自分で勝手に決めてOKだし、2は自分の日常を思い浮かべるだけなので、簡単ですよね。いっぺんに考えるとごちゃごちゃになるので、書き出すなどして整理してみるのがおすすめです。

 

 

条件に合うものをリストアップしてみる

 

ここで初めて「何をやろうかな?」という段階になります。

 

漠然と眺めていた時と比べると、自分に合ったものがハッキリ見分けられるようになっているはずです。
「副業ノウハウ」の記事や「投資ノウハウ」の記事にも候補に入るものがあると思うので、参考にしてみてください。

 

しつこいようですが、「好き・嫌い」「できる・できない」は一旦度外視でリストアップしてみてくださいね。もちろんこれまでの経験で「すでにできること」に越したことはないんですが、それだと選択肢が狭くなりすぎてしまうと思うので。

 

 

考えすぎは時間の無駄、軽いノリでやってみよう!

 

ネットで色々調べていると、ついじっくり読んでしまったり、いつの間にかネットサーフィンしていたり、すごい人を見つけて自分との差に絶望したり・・・
いろんな感情を持つと思いますが、これはハッキリ言って時間の無駄です。

 

まず、やってみる。

 

本当にこれが一番大事なことです。できるかどうかは、やってみないことには本当にわかりません。
ダメだったとしても、そこまで大変なことにはなりません。辞めて次の方法を試せばいいんです。
むしろ、そうしていると本当に合っているものが見えてきます。

 

実際の作業として手が動いていなければ、どんなに知識が増えてもあなたの副業は始まってもいません。
考えすぎると本当に動けなくなってしまうので、ある程度狙いを定めたらどんなもんかやってみましょう。

 

考えて、考えて、考えて、その結果うまくいくということはほとんどありません。多くの場合、先に動いてから考える、動きながら考えるのが一番の近道です。

 

最初から10歩も100歩も先のことを考えても、2歩目でつまずきますから笑
このページを読み終わったら、早速作業をはじめましょう!

 

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA