お金の話

初心者から中級者に捧ぐ「投資の教科書」

 

※本記事は「note」で公開している「副業のはじめ方」の抜粋です。

ブログでは語り切れない行動に移せる具体的な内容をまとめており、お陰さまでとても好評で、100部以上売れています。

「有料noteまとめ」でも推薦いただきました。

 

 

 

はじめに

 

元仮面サラリーマンのgakuです。

サラリーマン時代に投資と副業をやり始めて、6年後に無事独立を果たして、今はどこにも属さずに自由にビジネスと育児を楽しんでいます。

さて、国語・算数・理科・社会・・・子どもの頃から学校でたくさんのことを勉強しますが、大人になるにつれて「普通に生きていく上で必須級と言える知識については一切教わる機会が無かったな」ということに少しずつ気付いてきます。

その代表格が「お金」にまつわること。

新卒の頃は目の前のことだけで精一杯で、周りの先輩に着いていくのがやっとですが、時が経って仕事に慣れて余裕が出てくると、

 

「あれ?頑張っても頑張っても思うように給料が増えないぞ?」
「これ、給料だけじゃいろいろと無理ゲーだろ」

 

ということに遅かれ早かれ気が付きます。
気付いた人たちが、給料以外の収入を得ようと積極的に投資・資産運用考え始めている、というのが近年の傾向です。

でも、いざ具体的に何をどうすればいいかと言われると、皆目見当もつかなくて、「余ったお金をただ銀行に預けてるだけ」というのが現状じゃないでしょうか?

余談ですが実は銀行預金って、預けてるつもりが実際はお金が減ってるって知ってました?

大きな理由の一つは手数料です。
メガバンクだと大体1回の取引で108〜216円の手数料がかかりますよね。(あれは何の「手数」なんだろう?)

ゼロ金利と言われる今、メガバンクの金利は軒並み0,001%です。(2019年2月現在)

これは実際に数字を当てはめてみると、1000万円を預金していても1年の金利は100円なので、預金が1000万円以下の人はたった1度の取引で簡単に赤字になるということです。

Twitterに30万円の預金を20年間放置したツワモノがいましたが、結果はご覧の通り。

 

 

 

これに追い打ちをかけるのがインフレです。

この30年間で物価は約17%上昇しています。

 

30年前10,000円で買えたものが、現在は11,700円になっているということで、こうしている今現在も、インフレは着々と進んでいます。

インフレについて話すと長くなるのでここでは掘り下げませんが、給料が上がらず少ない預金で口座のお金はジワジワ減り、追い打ちをかけるようにインフレが進行していて、いよいよ副業や投資でもやらないと食っていけないぞ、という環境にあります。

なので、給料が思うように上がらない中で「金策が銀行預金だけ」という状態は、どんどん手持ちのお金が圧迫されていくという大きな流れの中にあります。

 

多少給料が上がったところでインフレの速度の方が早くて、給料が上がったのに生活が豊かになった実感がないというのは、なんとなく身をもって感じているんじゃないでしょうか?

なので、「銀行以外の資金の置き場所として投資や資産運用を検討する」というニュアンスで、単純に「せっかくあるお金を惰性で口座に置いておくのは不利ですよ」という話です。

 

一方で、投資や資産運用に興味はあるものの、イマイチ及び腰ではじめの一歩が踏み出せない、という人はいまだに多いように思います。

投資・資産運用というのは「お金に働いてもらう」という言い方をよくされますが、「お金を稼ぐ=自ら働く」という意味付けが強いせいか、「お金に働いてもらう」ということに違和感を感じてしまい、慎重になりすぎているきらいがあります。

その一歩が踏み出せた人も、ほとんどが元本割れを起こしていたり、「増えたけどこれ、どうすんの?」というくらい薄利という人が大半という有様。

僕の周りにもいますよ、CM見て積立NISAやってみたものの、増えるどころか元本割れしている人。南無。

 

そんな今の世の中なので「こうすれば儲かる!」みたいな本や記事、セミナーがたくさん存在しますが、中身のあるもの無いもの様々で、必ずしも払う金額と得られる情報が釣り合っているとは限らないのが現状です。

僕も例外なく、特別お金の教育を受けてきたわけではありませんでしたが、お金にはずーっと興味がありました。

何故なら、お金がある人はゆとりがあって、気前が良かったり、人一倍気遣いができていたりする一方で、お金が無い人はケチくさい、お金のことで喧嘩をするなど、お金に振り回された挙げ句に人間性まで損ねてしまっている人や、最悪の場合は命を落としてしまう人までたくさん見てきたから。

 

お金の悩みって、結構なストレスじゃないですか。

お金を稼ぐためにしたくもない仕事をしたり、したくもないのに起きてる時間のほとんどを「お金のための仕事」に費やさなければならなかったり、時にはお金が原因で人間関係に亀裂が入ったり。

人生を通して、ほとんどの場面でこの「お金」が絡んでくる。

自分はそんな風にお金に振り回されたくないし、いつも、いつまでもお金のことに悩みたくはない。

できればお金とは仲良く上手に付き合っていきたいし、お金にストレスを感じずに日常を過ごしたいと思っていました。

 

お金はあればあっただけいいと思っています。

何がいいって、お金があればあるほど好きなことに思う存分打ち込めるから。

だって、「お金のために」起きてる時間のほどんどを仕事に費やす必要がないんですから。

現に僕は、配当収入や資産運用で既にその境地に達しています。

僕はいくつか収入がありますが、投資では当初300万円だった運用元本が、6年程度で5000万円以上になっています。

その結果、本当に毎日好きなことだけやって、家族5人でのびのび暮らしています。大袈裟ではなく。

 

 

このnoteで得られるもの

 

当noteでは6年間、サラリーマンをやりながら睡眠時間を削って「投資」と「副業」に向き合った僕が、死ぬ気で学んだ『損をしない投資の基本』を全て公開します。

本屋さんに行けば投資をテーマにした本は無数に存在します。

正直な話、noteは文章量でいえば実際の本には到底かないません。

一般的な書籍が10万文字くらいとすれば、このnoteはせいぜい3万文字。

わずか3分の1の量しかありません。

 

もちろん僕も、かなりの数の書籍を買って読み漁った時期がありますが、それで投資成績が向上することはありませんでした。

なぜなら、その多くが再現性がほとんど無いものばかりだったからです。

 

確かに投資は生物なので、まったく同じ場面に遭遇するということは基本的にありません。

でも、成功率を高めるコツは確かに存在しますし、少ない資本から長年投資をしてきた僕だからこそ話せる『投資の基本』は、このnoteでしか得られません。

コンテンツの量は書籍より少ないですが、だからこそ厳選した内容と具体例を詰め込みました。

 

コンテンツの価値は量ではありません。質です。

 

当noteでは無駄を省き、「本を読んで勉強するのが面倒くさい」という方でも、重要なポイントだけを短時間で理解できるよう意識して執筆しました。

お金を払ってただ勉強した気になった、という過去の僕のようにならないように、あなたが具体的に投資をはじめて利益を得ることができる内容に特化しています。

完読まで書籍ほどの時間はいりません。

「読む人の時間を浪費させない」という点が当noteの強みです。

 

書籍に書かれている方法はあくまで結果論であり、その時だからできた再現性の無いノウハウが多く、今でも効果が期待できるものではありません。

この「投資・資産運用の教科書」では、あなたが少しでも多くの時間を「お金のための労働」から取り戻せるように、「投資で長年利益を出し続けられるようになる過程で学んだことやテクニック」をまとめています。

 

 

【! 購入前の注意事項 !】

 

本書では以下のような内容に触れています。

 

・投資、資産運用をする上で必須となる基本スキル
・投資、資産運用をする上で減らさず増やすための不可欠な考え方
・不労所得について、それを得るための知識
・オススメの投資手法(随時追加予定)

 

少なくとも、知れば今よりもお金に困りにくくなる内容ですが、基本的に今「数千万円以上の余剰資金を持っている」とかで無い限り、一定の勉強と努力を要します。

あくまでこの本は、「お金に困りにくくなるための適切な努力のアプローチ」「投資・資産運用で減らすことなく着実に増やすコツ」についてまとめているものです。

多少は実際の投資手法にも触れますが「これを読めば投資で大成功!うひゃひゃ!」みたいな投資案件集ではありません。

なので、以下に当てはまる方は購入しないようお願いします。

 

・楽してお金を稼ぎたいというニーズの方
・現在借金がある方
・ギャンブルが好きな方(投資とギャンブルは考え方が対極です)
・多忙、体調不良などで努力する余裕が無い方
・勉強だけして実践しない方

 

このような方々は本書を読んでもすぐには役立てられないと思います。
返金はできませんので、よく考えてから手に取ってみてくださいね。

「お金のことを考え続け、30代でお金のための労働を卒業した僕の経験と考え方」をまとめたもので、当然購入代金以上のリターンが十分見込める内容になっています。
★ただし、ちゃんと実践すれば。(ここ最重要)

 

▶購入いただいた方は可能な限り質問にもお答えします。
(「可能な限り」というのは、運用上の契約や守秘義務を負っているものもあるので。)
グッドクエスチョンだった際はこのノートの下部に回答と共に追記していきます。

▶内容はアップデートしていく予定なので、「内容が更新される教科書」と思ってもらえたらいいかと思います。
内容が追加されて充実していった場合、初版を購入いただいた方との公平性を保つために値上げする可能性があります。
内容が増えて値上げをしても、既に購入済みの方は追加料金は発生しませんので、お早めに購入いただくのが最もお得です。

 

余談ですが、過去のブログ記事で投資についてよくある質問をまとめています。
ご質問いただく前にこちらをご一読いただけると助かります。

 

前置きが長くなってしまいましたが、必要な方だけ手に取っていただけたらと思いますし、その分良きガイドとなれるよう尽力します!

それではここから本題です。

 

→ 続きを読む

 

0