転職・就職

【おすすめ】20代の転職で役立った転職サイトと転職エージェントまとめ

 

20代で3社、30代で2社、約10年で合計5社を渡り歩いたgakuです。

 

転職活動の回数を重ねるにつれて転職サイトや転職エージェントも増えていき、トータル50社ほど利用しましたが、各社どの年代・分野に強いのかという特徴が異なります。

 

この記事では特に20代の転職活動で特に役立ったおすすめのサイトやエージェント5社と、転職活動を有利に進めるコツを紹介します。

 

 

20代の転職サイト活用術

 

20代の頃はネット検索して転職サイトから応募したり、直接企業HPから応募していましたが、どうにも通過率が低くて苦労しました。
第二新卒に近い状態でキャリアも浅かったので「こんなもんかな?」と思っていましたが、どうやらそうじゃないということが後からわかりました。

 

マイナビに入社した後から転職市場の仕組みが理解できるようになって、以降は各サイトやエージェントをどう使うのが一番いいのか、コツが掴めて通過率が飛躍的に上がりました。
先に結論ですが、20代の方はこんな感じで応募するのが効果的です。

 

【転職サイトと転職エージェントを併用した応募方法】
 1.20代に強い転職サイトに複数登録
 2.スカウト機能を走らせながら、自分でも求人を探す
 3.気になった求人を転職エージェントに伝える
 4.転職エージェントから推薦状付きで応募してもらう

 

「複数登録」する理由は、サイトによって載っている求人が違うので、複数登録しておくことで単純に選択肢の数が増えます。これは転職エージェントにも同じことが言えるので覚えておいてください。

 

この方法で応募すると、転職サイトや企業HPからの自己応募に比べて、目に見えて通過率が上がりますよ。
なんで冒頭のやり方だと通過率が低かったかというと、転職サイトのスクリーニングで機械的に落とされてしまうケースが多発するからです。

 

応募者が多い企業は一人ひとりの履歴書や職務経歴書を確認するのは物理的に難しくて、学歴や前職の社名、経験職種などでフィルターをかけて、最初から応募条件に合致している人の中から合格者を選抜する、ということをよくやります。

 

勘の良い人は薄々感付いていることだと思いますが、せっかく時間をかけて書いた応募書類も、残念ながら全く見られることなく落とされてしまっているケースが多々あります。

 

転職エージェント経由で応募すると、このフィルターを回避して推薦状を付けて応募してもらえるので、転職サイトからの自己応募では落とされてしまう企業でも通過率が高まる、というわけです。

 

僕のように転職サイト経由でなかなか書類が通過しない人は、転職エージェントの併用を試してみてください。

 

 

20代の転職活動で特に役立った転職サイトと転職エージェント

 

冒頭でもちょっと話しましたが、「転職サイト」と言っても特徴は色々です。

 

「IT系に強いサイト」「医療系に強いサイト」「女性の転職に強いサイト」といった具合で、闇雲にあちこち登録するよりも自分の属性に合ったサイトに絞ることで、転職活動のあらゆる場面で恩恵を受けることができますよ。

 

ここからは特に役立った「20代に強い転職サイト」を紹介します。転職サイトは数え切れないほどありますが、登録とやり取りの手間が凄いことになるので、以下に登録しておけば十分です。

 

特に20代は自分が思っている以上にポテンシャルが高く、自分の市場価値を過小評価していることが多いので、まずはこれらのサイトに登録して自分の市場価値を確認してみるといいと思います。

 

 

●リクルートエージェント

 

 

結局僕は、最初から最後まで毎回「リクルートエージェント」を利用していました。何度も内定に繋げてもらったり、年収交渉をしてもらったりと本当にお世話になりました。

 

幅広い求人、大勢の人を転職成功に導いてきた経験、企業側からの信頼など、あらゆる面で業界最強の転職エージェントなので、ここは必須で登録しておきましょう。

 

ノウハウが十分蓄積されているので、面接日程の設定、面接対策、応募から内定までのフォローが非常にスムーズで、安心して任せることができました。

 

昔はエージェント担当者と対面の面談か、メールで届く案件から選ぶというスタイルでしたが、最近では自分からも能動的に求人を検索できるようになっています。

 

 

利用画面はシンプルで、よく見慣れた使いやすいものです。面接日時の設定や、面接を受けた後の感想など、WEB上でやり取りが完結するので、忙しい中での転職活動ではとても助かりました。

 

使い方は次項の転職サイトリクナビNEXT」で求人を探して、「リクルートエージェント」に応募の相談をするといいです。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

 

●リクナビNEXT

 

 

こちらも毎回使っていた転職サイト、リクナビNEXT」です。登録したのは一度だけで転職後にわざわざ退会しなかったので、転職活動の度にログインしてキャリアシートを更新して使っていました。
1コ前の「リクルートエージェント」との併用がおすすめ。

 

有り余るほどの求人が掲載されているので、自分の条件に合った求人を見つけやすいですが、スカウト機能に登録しておいて受動的にオファーを受け取る設定にしておくと尚良いと思います。

 

余談ですが、リクナビNEXT」には物凄く使える「グッドポイント診断」という適正分析ツールがあるので、併せてチェックしてみてください。

「グッドポイント診断」をやってみる

 

この適性は、わかっておけば一生使えるものなので、若ければ若いほどやる価値が高くなります。

 

 

登録はこちら(公式サイト)

 

 

●doda

 

20代の転職で特に役に立ったのがdoda転職業界でもリクルート・マイナビと並ぶTOP3ということもあって、質・量ともに満足度が高く、企業規模も中堅〜大手まで幅広くカバーされています。

 

dodaは他のメディアと違い、転職サイトとエージェントが一体になったサービスなので、登録の手間が少なく、サイトとエージェント間のやり取りも非常にスムーズだったという点で、僕の中では評価が高かったです。

 

冒頭で推奨した「サイトで見つけた求人をエージェント経由で紹介してもらう」という方法が一箇所でできる、お手本のような優良サイトです。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

 

●マイナビジョブ20’s

 

 

ネーミングからして「20代以外お断り感」がハンパないのが「マイナビジョブ20’s」です。

 

数少ない20代特化のエージェントで、キャリアや転職経験の浅い若手が苦労しがちな応募書類の添削などのサポートが特に充実しているので、初めての転職で不安な人には特におすすめです。

 

20代の転職でネックになりやすいのが「社歴とキャリアの浅さ」ですが、そこも特化サイトの強みなのか、エージェントがかなり頑張って通過をサポートしてくれますよ。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

 

●DYM就職

 

 

決定率の高さでおすすめなのが、転職成功率96%を誇る「DYM就職」です。高い転職成功率を誇る理由の一つが、書類選考なしで面接が可能だから。

 

若手特化なのでフォローが手厚いのはこれまでと同様ですが、DYM就職は転職後のアフターフォローにも力を入れているのが特徴的です。

 

唯一の難点は、拠点が政令指定都市だけなので地方の転職には向かないかもしれません。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

 

●第二新卒エージェントneo

 

 

実は僕が人事部の頃、求人募集する企業側の人事部として長年取引していた「ネオキャリア」という会社が運営する「第二新卒エージェントneo」

 

先に難点をお伝えしておくと、オフィスが新宿にしか無い」ということ。それでもあえてここで紹介するのは、個人的にとても信頼している企業の1つだからです。

 

僕自身の転職活動でもお世話になったんですが、ここの社員はみんな「アツイ」抽象的な表現で恐縮ですが、「アツイ」んですよ。

 

企業担当として関わっても、求職者として関わっても、労力を惜しまず献身的にサポートしてくれて、本当に色んな場面でお世話になりました。

 

良い会社なので、首都圏で転職活動される方はぜひ門を叩いてみてください。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

 

企業探し以外の重要ポイント|「自分の市場価値」

 

20代の方が転職する時に、特に気にしてほしいポイントが2つあります。

 

その1つが「今の自分の市場価値」、もっとわかりやすく言うと「適正年収はいくらなのか?」ということです。
せっかく転職活動を通じて会社の外に出るので、「自分の市場価値=適正年収」を知っておくというのは絶対にやっておいた方がいいですよ。

 

20代というだけで足元を見られて、能力に見合わない低い条件を提示してくる企業もあるんですが、自分の市場価値を事前に把握しておくことでこういった不利な条件を回避できます。

 

この「自分の適性年収」「自分に紹介される求人のレベル」「ミイダス」で簡単に調べることができます。スマホやPCから現在の職種や年収を入力するだけで、

 

 

こんな感じで具体的な数字が確認できます。無料な上に手間もほとんどかからないので、転職エージェントに相談に行く前に ここから サクッとやっておきましょう。

 

 

企業探し以外の重要ポイント|「企業の実態」

 

もう一つ気にしてほしいのが、転職先や候補に上がっている企業の「実態」です。

 

転職サイトや転職エージェントは、あくまで「広告」や「仲介料ビジネス」という立場で、広告費を払っている企業に人材を紹介してナンボなので、どうしても求職者に対してはポジティブな情報に偏りがちです。

 

情報源がこれらだけだとどうしてもリアリティに欠けてしまって、

 

「ぶっちゃけ残業はどのくらいあるの?」とか

「仕事環境や社員同士の人間関係はいいの?」とか

「給料はちゃんと上がるの?」とか

 

本当は超重視しているけど、直接は聞きづらいことが疑問のまま残ってしまいます。実は、僕はこれで1回転職に失敗していますw

 

所謂「入社後ギャップ」というやつで、入社した会社が事前情報とあまりにも食い違っていて、入社から僅か8ヶ月でもう一度転職するハメになりました・・・。

 

こういったシャレにならない失敗を予防するためにも、事前に「現役社員の口コミ」を見て、「求人サイトやエージェントから聞いた話がどのくらい事実に近いのか」ということを自分ですり合わせておくことを強くおすすめします。いやマジで。

 

あの失敗以降、僕がいつも参考にしていた「社員クチコミサイト」が「キャリコネ」です。気になる企業を検索すると、

 

 

こんな感じでその企業の「平均年収」「平均残業時間」「面接の内容」などを事前に知ることができるので、本当に重宝していました。

 

他にも社員クチコミサイトはいくつもありますが、平均年収と面接の様子まで閲覧できるのは「キャリコネ」だけです。お陰でその後の転職活動では「入社後ギャップ」もすっかり無くなりました。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

 

ちなみに「社員クチコミサイト」は信憑性がかなりピンキリなので、複数サイトから広く情報を集めたい方はこちらも参考にしてみてください。

 

 

20代の転職活動で必ずやっておきたいこと

 

これはズバリ「年収交渉」です。

 

特に20代のうちは自分の年収レンジや一般的な相場を知らなかったり、そもそも「年収を交渉する」ということ自体、考えもしないことかもしれません。
僕のプロフィールを見てもらってもわかるように、20代の頃に設定された年収は、その後の年収に影響し続けます。

 

なぜなら、転職する時は「前職の年収」を参考に入社時の年収が設定されるためです。

 

じゃあ内定が出てから自分で会社と直接交渉できるかというと、まだそこまでキャリアを積んでいなかったり、年収相場がわからなかったりで自分で交渉するのはかなり難しいと思います。
実はここでも転職エージェントを使う大きなメリットがあって、リクエストすれば自分に代わって年収交渉をしてくれるのです。

 

ちょっとだけ仕組みの話をしておくと、転職エージェントは成果報酬型のビジネスモデルで、転職者の入社が決まって初めて報酬が発生します。
報酬相場はその人の年収の30〜40%程度で、入社する人の年収が400万円であれば120〜160万円の報酬になるイメージです。

 

転職エージェントの担当も毎月売上目標を追っているので、報酬が高ければ高いほど有り難いわけですよ。
こういう仕組みなので彼らも自分ごとのように本気で年収交渉してくれますから、遠慮なくリクエストしてしっかり交渉してもらってください。

 

 

最後に

 

ということで、「20代」にフォーカスした転職サイトとエージェント、活動のコツをお伝えしました。

 

転職サイトと転職エージェントはお互いが補完関係にあるので、併用していいとこ取りをするかどうかで転職成功率は大きく変わります。

 

一点だけ注意してほしいのは、転職エージェントは「人」が介在するので、上記で紹介したような優良エージェントを選んだとしても、最終的な質の良し悪しは担当者にかなり左右されます。

 

僕の経験上、(売上のために)とにかく転職させようと必死な担当者や、やっつけ仕事をしているような適当な担当者というのも一定数居て、こういった人たちに自分の転職を任せるのは辞めておいた方が身のためです。

 

もしそういった担当に当たったら無理に付き合う必要はないので、遠慮なく担当をチェンジしてもらうか、他のエージェントに切り替えるなどしてください。

 

「今後のキャリアがどのように育っていくか」という意味でも、20代の転職はとても重要です。
知らないことがたくさんあると思うので、可能な限りたくさん情報を取って、後悔のない納得行く転職をしてください。応援しています!

 

この記事がその一助になれば嬉しいです。

 

0