副業で稼ぐ

【経験談】実績ゼロのサラリーマンがド安定収入を作って独立した方法

記事タイトルを32文字以内に収めようと努力した結果、なんだか怪しいタイトルになってしまいました。

記事の途中で何かを売り付けたりはしませんのでご安心ください。

 

本記事は「安定収入」の本質的な話です。

正直ここに書くかかなり迷ったんですが、僕がこのブログを通して最も伝えたいことの1つなので、書くことにしました。

再現性がある内容だと思いますし、お金の不安や悩みが大幅に減るはずなので、参考にしてみてください。

 

※なお、「将来のお金の不安を軽減する方法2つ|コロナ禍でも増収でした」という記事を掘り下げた、僕の過去の振り返りがメインです。

先に上記を読んでいただいていることを前提に書いていますので、もしまだでしたら先に上記をどうぞ。

【経験談】実績ゼロのサラリーマンがド安定収入を作って独立した方法

リアルやネット界でマウントを取れるような実績は無く、特別なスキルもありませんでした。

それでもド安定収入を得ながら何の不安もなく会社を辞めて、自由な生活を送れるようになりました。

結論:複業による複収入を作ること

最初に結論ですが、「複業」をしつつ「複収入」を作りましょう。

「副」ではなく「複」です。

 

補足:「複業」とは

一言で言うと「複数の仕事」のことです。

「いや…1つの仕事で精一杯なのに複数とか無理っす…」と思うかもですが、作業量にフォーカスすれば本業含め3〜4個同時並行は全然可能です。

実際に僕がサラリーマンを辞める寸前は5つの仕事を同時並行できてまして、以下の記事で解説しています。

>>【体験談】会社員を辞めてフリーランスになるには?|複業のススメ

 

補足:「複収入」とは

「複数の収入」のことです。収入は数が増えれば安定します。

ただし1つだけ注意点があり、「性質が異なる収入」じゃないとうまく安定しません。

繰り返しになりますが、なぜ収入の数が増えると安定するのか?性質が異なる収入とは何か?という話は以下の記事にて解説しています。

>> 将来のお金の不安を軽減する方法2つ|コロナ禍でも増収でした

小さな収入を積み上げていく

僕は以下のようなちょっと矛盾する考えを持っていました。

  • 収入が給料だけでは不安
  • なんとかサラリーマンを辞めたい

でも「副業収入をグイッと伸ばす」みたいなスーパーマン的なことはできなかったので、「当たりを引くまでガムシャラに行動する」ということをやっていたら今の形に行き着きました。

最初から狙ってやってきたわけじゃないですが、結果的にド安定収入になったので結果オーライです。

 

何度も形を変えながら今に至っているので、実際の推移を公開します。

【全公開】実績ゼロのサラリーマンがド安定収入を作るまでにやってきたこと、現在のキャッシュポイント

「安定収入」を語る上で最重要ポイントは以下の2つです。

  1. 収入の数(キャッシュポイント)が多いこと
  2. 収入の質が異なること

「収入の質」については、先ほどアナウンスした「将来のお金の不安を軽減する方法2つ|コロナ禍でも増収でした」という記事にある「キャッシュフロー・クワドラント」で切り分けるとわかりやすいです。

 

ということで、僕の過去の推移は以下の感じです。

  1. 【E】給料のみ
  2. 【E+I】給料+投資
  3. 【E+I+S】給料+投資+事業スタート
  4. 【I+B】投資+事業(サラリーマン辞めた)
  5. 【I+B+S】投資+事業+講師業など

※【 】内はキャッシュフロー・クワドラント

①〜④までにかかった期間は約6年ですが、暗中模索だったのでかなり遠回りしました。

やり方がわかっている今なら2〜3年くらいである程度形になると思います。

 

ということで、②からもうちょっと補足します。

【E+I】給料+投資

2012年、共働きで貯金が増えていたので、投資から始めました。

と言っても、最初は僕が独身時代に貯めた100万円をデイトレードで溶かして絶望するところから始まりましたが…。

その後、ちゃんと基本を身に着けつつコツコツやっていき、元本は300万円→5,000万円になりました。(執筆時点)

 

投資は手がかからないものを選ぶ

デイトレは画面に張り付く必要があり、仕事にも普通に支障出てシンドイので、サラリーマンにはおすすめしません。

放置型の投資であればお金を入れたら後はやることが無いので、複業ポートフォリオには必須です。

なお、投資のスタートは「軽く勉強」から始めるべき。

>> 投資初心者は何から始めるべき?→まずはサクッと基礎を勉強すべき

【E+I+S】給料+投資+事業スタート

分散投資していたので投資だけでキャッシュポイントが3つくらい。

本業含めて収入は4つほどありましたが、実際に作業が発生するのは会社の仕事だけなので、退勤後や休日を使って生活必需品を扱うストック事業をスタートしました。

立ち上げは当然一人なので、ぶっちゃけかなりしんどかったです。

【I+B】投資+事業(サラリーマン辞めた)

上記から6年後、コツコツ続けてきたSクワドラントの事業がストックされ、ある程度自動化できてBクワドラントっぽくなりました。

投資も波乗りしつつキャピタルゲインを稼いで、インカムゲインに再投資するというやり方だったので、投資でも固定収入ができてきました。

 

この頃はインカムゲインの複業(収入)が4つほど、合計で給料を超えたので、念願の脱サラを決行して地元札幌に移住しました。

【I+B+S】投資+事業+講師業など

会社を辞めて時間がフリーに。

1年くらいのんびりしてましたが、「元々好きなこと、これまでの経験で誰かの役に立ちつつ仕事にしたい」と思い、講演活動やブログなどの発信をスタート。

キャッシュポイントを増やすことを意識していたので、最終的に以下のようになりました。(金額は2020年7月時点)

 

生活基盤となっているキャッシュポイント

  • 小型不動産の家賃収入(テナント:20万円)
  • 海外投資(1,000万円を月利1%で運用:10万円)
  • 生活必需品事業収入(売上により変動:10〜40万円)

上記の通り。

不動産はそこそこリスクもあり、手間もかかり、利益率がそこまで高くないので、これ以上買う予定はないです。

今は生活必需品事業をメインに伸ばしつつ、他の収入から余剰資金が出たら海外投資に流して収入基盤を底上げしています。

 

ちなみに海外投資は金商法の制限で詳細は書けません…スイマセン。

 

対面での情報発信によるキャッシュポイント

主に上記の2つでして、元々好きな「教える」「人前で話す」を収益化しました。

頻度は多くないので臨時収入的な感じですが、趣味の延長で稼げているので割と幸せです。

※上記のリンクを辿ると詳細が見れます。

 

オンラインでの情報発信によるキャッシュポイント

  • ブログ収益(主要ASP5つくらい:10万円〜)
  • note(自動販売機状態:1万円〜)

ブログも好きなことの一つでして、伸ばそうと頑張ってます。

本記事執筆時点(2020年7月)で毎日更新は120日ほど継続しています。

noteは永続的な収入にはなりませんが、割と息が長いテーマを選んで書いたので、ここ2年間は毎月数万円くらいの売上になっています。

 

クワドラント別「複収入」まとめ

改めて数えてみたら、7つのキャッシュポイントがありました。

  • Sクワドラント:3つ(ブログ・講演・タイムチケット)
  • Bクワドラント:2つ(生活必需品事業・note)
  • Iクワドラント:2つ(不動産・海外投資)

ブログは僕が一人で作業しているので「S」と定義しています。

noteは公開後は自動販売機なので「B」と定義。

「ブログ1本で月500万円稼いでます!」みたいなのも尊敬しますが、収入とメンタルの安定性ではこちらの方がいいかなと思ってます。

 

現在も継続していること

もちろんこれが完成形だとは思ってません。

  • ブログを書く
  • 生活必需品事業のシェア拡大
  • 収益の余剰を海外投資に追加

上記3つはテコ入れ可能でして、3つの収入をさらに増やすべく頑張ってます。

 

その他の資産的なもの

定期収入(生活基盤)ではありませんが、資産も分散したり運用しています。

  • 持ち家(貸さないと負債w)
  • 仮想通貨(数種類、特にXRPを結構大量に保有)
  • 金(「カネ」ではなく「キン」です)
  • 海外積立投資(この記事の時に手続きしており、毎月5万円ほど積立)
  • その他、ロボアドソシャレンなど

万が一、今ある全てのキャッシュポイントが飛んでも死にません。精神的に安定します。

分散、再投資、マジで大事です。

事実:1つ1つやってきただけ

ここまで読んでみて、もしかしたらこう思ったかもです。

「なんかすごいな…自分には無理っす…」

もしこう思ったなら、それは誤解です。

「色々やってきて、稼げたものだけ残った」という感じでして、もっと包み隠さず言うと「どうしてもサラリーマン辞めたかったからジタバタした結果」です。

その上で「その中でもまだ伸びしろがあるものを伸ばす」という方針です。

 

ちなみにですが、ここに書いてないだけで失敗の数も凄いです。

以下の記事を読んでいただくと、僕が凡人だということがわかり、勇気が出るかもです。

>>【失敗ばかり】月5万稼ぐまでに僕がやってきた副業|凡人の戦略

 

ド安定収入はコツコツやれば誰でも作れる

最後にもう一度要点をまとめます。

  • 「ド安定収入=複業による複収入」です
  • 性質が異なる収入でポートフォリオを組むと、多少のことでは死にません
  • 「収入の性質=キャッシュフロー・クワドラント」です
  • 時間はかかりますが、確実にお金の不安は消えていきます

ということで、「安定収入の本質」は伝わったかなと思います。

長年かけて作ってきた形で、コロナショックでも増収という結果だったので、「安定収入」と言って差し支えないかなと思います。

 

ド安定収入で得たものはお金よりも平常心です。

月収何百万と稼いでいても、「この収入がいつ減ったり無くなったりするかわからない」という恐怖があると平常心ではいられませんよね。

 

実は当ブログ(まねとーく)の記事のほとんどはこの「ド安定収入を作るためのノウハウと選択肢」なので、他の記事も参考にしつつ、あなたに合ったド安定収入を作ってもらえたらなと思っています。

この記事が参考になったら
\Follow me!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA