「スキルアップ・独立を目指したい人」のおすすめ副業まとめ

 

2017年まで「会社にバレないように」が鉄則だった副業ですが、2018年に状況が一変して「副業元年」と呼ばれるようになりました。

 

あちこちでまことしやかに囁かれてますが、数字がそれを証明しています。2017年頃からいち早く市況調査したリクルートキャリア、ランサーズの調査結果は以下の通り。

 

・副業を容認、推奨している会社は22.9%(リクルートキャリアが2000社を対象に調査)
・2017年の時点で5社に1社が副業を認めている計算
・「常時雇用されている状態でフリーランスとして副業をしている人」は458万人、2016年から2017年の1年間で約40万人増加

 

上記は2017年時点のデータなので、現在はさらに増えているであろうことは想像に難くないですね。

 

一口に副業といっても、時間に余裕がある人、お金に余裕がある人など、使えるリソースは人それぞれなので、一概に「この副業がおすすめ!」とは言えません。
この記事では数ある副業の中から、「スキルアップ・独立を目指したい」という方におすすめな副業を、理由と合わせて紹介します。

 

 

クラウドソーシング

 

クラウドソーシングは、仕事を依頼したい個人または企業が、不特定多数の人に公募で外注するというWEBサービスです。
もう少しわかりやすく言うと、「こういう仕事を誰かにお願いしたい」「こういう特技を活かしたい」みたいな人を繋ぐマッチングサイト。

 

たとえば「新商品のロゴをデザインしてほしい」という企業がデザイナーを公募し、「デザイン系の学校を出ていて、趣味でWEBデザインやってます」という個人がその仕事を受けて、デザインしたロゴを納品して報酬を受け取る、といった具合。

 

クラウドソーシングのメリット

・あらゆる仕事が公募されていて、自分のスキルに合わせて選べる
・働く時間、仕事の量をある程度コントロールできる
・在宅で完結できる仕事も多い
・数をこなすことでスキルアップが見込める
・信用の蓄積、固定客の獲得が見込める

 

クラウドソーシングのデメリット

・案件によっては依頼主の顔が見えにくい
・案件の種類によっては単価が安い

 

 

「とにかくすぐに副業を始めたい」
「出産前の仕事のスキルを活かしたい」
「何から始めればいいかわからない」

 

こんな人には特におすすめなので、とりあえずアカウントを作って仕事の内容を眺めてみるところから始めてみるといいですよ。

 

「ホウレンソウをしっかりする」「納期を守る」ということができていれば、徐々に単価が上がったり、リピート注文が入るようになってきます。
固定客が付いてくると、独立も現実的になってきます。

 

以下でクラウドソーシングサイトにどんなものがあるか、代表的なものから紹介します。

 

 

クラウドワークス|総合大手

 

 

「クラウドワークス」は、クラウドソーシングの老舗にして大手です。
ポイントは以下の通り。

 

・誰にでもできる軽作業から、特技を活かした仕事まで幅広い
・仕事依頼は常に200万件以上
・場所や時間に縛られない仕事も多数
・クラウドワークスだけで月に10万円以上稼ぐことも十分可能

 

2013年のサービス開始以来ユーザーは年々増え続け、2019年現在はでは300万人に届く勢いです。発注企業も様々で、誰でも知っているような大企業も積極的に仕事を外注しています。

 

「クラウドワークス」公式サイト

 

 

ランサーズ|ビジネススキルがメイン

 

こちらも大手、「ランサーズ」
「クラウドワークス」もそうですが、ビジネス色が強いというか、割とかっちりした雰囲気のサイトで、実際の案件もビジネススキルを活かせるものがメイン。

 

公式のカテゴリを見てみると、コンサル、エンジニア、ライティング、WEBデザイン、翻訳といったジャンルが並んでいます。

 

「本業のスキルをそのまま副業で活かしたい」という人や、「正社員で働いていたけどフルタイムはちょっと、というママ」みたいな人に特におすすめです。

 

「ランサーズ」公式サイト

 

 

ココナラ|趣味や特技を仕事に

 

 

ここからはビジネスパーソンに限らず、もっと「趣味・特技」寄りでとっつきやすいサービス。
まずは「スキルのフリーマーケット」という秀逸なコンセプトの「ココナラ」。 ポイントは以下の通りです。

 

「クラウドワークス」「ランサーズ」よりもポップ趣味や特技を仕事にできる
・匿名OK、出品は無料
・ココナラからプロデビューを果たした人も多数

 

趣味で「アクセサリを作れる」「絵を描ける」といったスキルを発揮して仕事にすることができます。実際見たほうが早いと思うので、公式サイトを見てみましょう。

 

 

 

似顔絵、音楽、ナレーション、写真、ライティング、ネーミング、代行、アドバイス、翻訳、語学、占い、悩み相談、カウンセリング、恋愛・結婚、美容、ファッション、健康・・・

 

趣味の延長からプロ並のスキルを要するものまで、これでもかと並んでいます。しかもみなさん結構いい単価で。似顔絵1枚10,000円とかありますからね・・・!

 

「私の趣味なんてとてもお金をもらえるようなクオリティじゃないし・・・」と謙遜する人が非常に多いですが、こちらもアカウントを作って覗いてみてください。
「これなら自分もできるんですけどー!」というものが結構いい単価で並んでいるはずです。

 

「ココナラ」公式サイト

 

 

タイムチケット|特技を時間販売

 

 

「タイムチケット」「ココナラ」に近いコンセプトのマッチングサイト。最低30分から、自分のスキルを提供する時間をチケットに見立てて販売する、というものです。

 

ネットショッピングのように、売り手と買い手双方にレビューと評価を付けることができ、相手を選ぶ際に大いに参考になります。

 

タイムチケットに限ったことではありませんが、どうしてもレビューや評価が多い人が人気になるので、後発組にはちょっと不利かもしれません。

 

「タイムチケット」公式サイト

 

 

その他のクラウドソーシングサイト

 

副業需要が高まるにつれて、クラウドソーシングサイトもかなり増えました。基本的には上記4サイトで事足りると思いますが、特定の仕事内容に特化して差別化を図っているサイトも出てきています。
以下では中堅以下のサイトをジャンル別に、特徴を添えて列挙します。

 

ちなみに、これから盛り上がる可能性がある反面、ユーザーが増えずにサービス終了となるサイトもあるので、リスクヘッジとして上記4つの大手サイトのサブとして併用するのがおすすめです。

 

 

クリエイター向け

99designs(ロゴや書籍表紙など、デザイン特化)
STUDIO UNBUILT(建築特化)
PIXTA(写真・画像・動画特化)

 

スペシャリスト向け

Skillots(デザイン、漫画、音楽、文章から、弁護士やコンサルまで)
Voip!(声優、ナレーター、声の仕事特化)
Gengo(翻訳特化)
kakutoku(営業職特化)
職人館(住宅系職人特化)

 

その他特化サイト

シュフティ(主婦特化)
ワークシフト(外国人、観光特化)
UIscope (ユーザーテスト特化)
JobUni(学生の在宅特化)
Job-Hub(開発、テスト、マーケティング、データ入力など、WEB周り全般)

 

その他総合サイト

ビズシーク(実名登録制、ジャンルは多岐)
Yahoo!クラウドソーシング(クラウドソーシングサービスの案件まとめ)

 

 

まとめ

 

ということで、「スキルアップ・独立を目指したい」という人におすすめの副業でした。

 

今後、「誰でもできる仕事」はどんどん単価が下がり、AIなどに取って代わられるのは明白なので、「副業としてバイトする」のは賢い選択とは言えません。
逆に、「ファンが付いている個人」がどんどん影響力や収入が増していくので、その足がかりとしてもここで紹介した副業で第2のパラレルキャリアを積むのが得策です。

 

また、これから副業を始めようとしている人にとっては、選択肢もプラットフォームも増えて完全に追い風なので、あまり構えずに「自分に合ったものを探す」くらいの感覚で初めてみるのがおすすめです。

 

他にも面白いものを見つけたら追記していきます。
それでは、ステキな副業ライフを!

 

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA