副業で稼ぐ

「副業する時間がない」という人の勘違いと管理法|思考を変えよう

・副業はしたいけど仕事が忙しくてそんな時間ないよ…

・会社を辞めるまで行かなくても、小さく副業を始めて収入を増やしたい

・時間を確保できる良い方法ないかなぁ

 

こんな人に向けた記事です。

 

筆者の僕はフルタイムサラリーマンの傍らで副業に取り組み、6年後にサラリーマンを卒業して当時の副業が今は本業になっています。

副業駆け出しのころは「こんなん無理ゲーでしょ…」と思っていましたが、続けているうちに徐々に稼げるようになりました。

 

僕はどちらかというと仕事上での成功よりも、「自由で充実した人生を送ること」を重視したい人なので、仕事も遊びもすべてのスケジュールを自分で決められる今の働き方がとても合っています。

ということで、本記事では副業に関する「時間」についてまとめました。

「副業する時間がない」という人の勘違い

「副業だから」と片手間で取り組むのがそもそもNGで、それで稼げると思ったら大間違いです。

あなたにとっての「副業」は誰かにとっての「本業」

これが答えです。

あなたが副業としてやっていることをフルコミットでやっている「競合」が必ずいるので、片手間で勝つのは至難の業です…。

結論:副業といえど本気でフルコミットしましょう

そして冷静に考えればわかることですが、片手間で稼げるようなものがあれば今ごろみんな飛びついてとっくに陳腐化しているはずです。

残念ですが「楽して稼げる」は幻想なので、真剣に取り組みましょう。

 

ちなみに、僕が副業リーマンの頃にやっていた時間捻出方法は以下に書いています。といっても、特別なことは特にやっていません。

>> サラリーマンが副業の時間を捻出する方法

まずは目標5万円

なぜなら、ここまで到達できればその先にも進みやすいからです。副業界隈では「5万円の壁」とも言われていますね。

「0→1」が大変とか「産みの苦しみ」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、これは副業でも同じです。

後からわかったことですが、「0から5万円を稼ぐまでの過程」に副業で必要なことのほとんどが詰まっていたように思います。

  • 月5万円=年60万円

なかなか良いボーナスですよね。

まずはここを目標にしましょう。

 

「副業する時間がない人」におすすめの副業とは?

すいません。残念ながらそんな都合が良い副業は知りません。

「副業する時間がないのにおすすめの副業」って日本語的にすでにおかしいです。どんな副業であっても時間をかけて努力することは必須です。

ですが、本業と組み合わせることで解決することは可能です。

転職を加速させるための転職もあり

これは最近トレンドになりつつありますが、「本業の業務内容と副業を関連付けて給料をもらいながら学ぶ」という方法ですね。

具体的な動き方としては「本業に関連する副業をやる」か「副業に関連する本業に転職する」のどちらかですね。

 

たとえば「Webマーケティングの会社に勤めてノウハウを学びつつ、副業ブログに活かす」みたいな感じ。

仮に本業8時間で退社後に副業をするとなると、よくて1日2〜3時間が限界だと思いますが、本業も同じ領域であれば1日10時間くらい副業に費やせることになり、給料までもらえます。

理にかなってますし、かなりアリですよね。

この形が作れれば「時間がない」という悩みは完全に解決できます。

そうすると副業が軌道に乗り始め、月5万円が見えてくるわけですが、副業の月5万円はマジで人生を変えます。

なぜなら、その5万円がトリガーとなってその後の人生を大きく変えるからです。僕自身もそうでしたよ。

 

人生変えるための第一歩は、「環境を変える」が一番効果的です。

 

チェックすべき転職エージェント

転職エージェントは完全無料なので、相談してみる価値はありますよ。

リクルートエージェント ・求人件数31万件、45万人が転職成功
・最大手、必須のエージェント。
リクルートエージェントのクチコミ評判
doda ・求人件数13.5万件
・業界2位、役立つ独自コンテンツが豊富
dodaのクチコミ評判
パソナキャリア ・転職成功者の2/3が年収UP
・対応が丁寧、紹介案件が途切れない
パソナキャリアのクチコミ評判
マイナビエージェント ・20代や若手、未経験に特に強い
マイナビエージェントのクチコミ評判
JAC Recruitment ・国内大手、外資系、ハイクラスに強い
JAC Recruitmentの口コミ評判

 

本記事の内容からは逸れてしまうので、もう少し詳しく知りたいという方は以下の記事をどうぞ。

>> 4回の転職でわかった!おすすめ転職サイトと転職エージェント

 

ちょっと話が逸れましたが、「転職とまでは行かないけど、副業は始めてみたいなぁ」という方に向けて、続きです。

ランキング形式で紹介されている副業は微妙です

なぜなら、ほとんどが「時間の切り売り系副業」だからです。

この性質の副業は即金性はありますが、その後のキャリアにも結びつかないし、稼げても少額で発展性がないからです。

 

なお、微妙な副業の具体例10個と理由は下記の記事をどうぞ。

>> これだけはやめておけ!おすすめしない副業10選|理由も解説

サラリーマンにおすすめの副業

結論から言うと、おすすめ副業は以下のようなものです。

  1. 専門性が身に付く副業
  2. 積み上げ方式(ストック型)の副業

上記は「自分で稼ぐスキル」に直結するのでその後のキャリアにも結びつきやすく、やったことが無駄にならず残るので。

 

上記に該当する副業の具体例や始め方は以下の記事をどうぞ。

>> 副業でサラリーマンを卒業できた僕が教える、おすすめ副業2つ

 

中でも副業ブログはおすすめ度が高いです。

理由はたくさんありますが、とりあえず4つ。

  • 初期投資も維持費も超少額=リスクが超低い
  • 大きな収入を見込める
  • ノウハウは無料で出揃っている
  • リアルタイムで稼げている人が大勢いる

上記の通り。

普通自分でビジネスを始めようとすると、「初期投資や維持費が高額」「稼げなければ赤字、借金」「ノウハウは手探り」が普通なので、比較すると環境的にかなり恵まれているのがわかるかと思います。

 

「副業ブログ」の始め方3ステップ

地味にやることは簡単です。

  1. ブログを開設する
  2. 記事の書き方や収益化方法を学ぶ
  3. 記事を書く

この3ステップです。

ステップ①:ブログを開設する

収益化を目的にするならwordpress一択でして、初期投資1,000円くらいと月1,000円くらいの維持費がかかります。

補足:「お金かかるの!?」と思った方へ

ビジネスを始める時にお金がかかるのは普通です。

ハンドメイドのアクセサリーを作って売るにも、材料やサイト、郵送費などがかかりますよね。これが不動産なら安くて数百万円の初期投資が必要ですし、コンビニ経営を始めるなら数千万必要です。

 

初期費用や維持費で比べるなら、ブログは数あるビジネスの中では破格の安さでして、このくらいの金額すらも出したくないなら、残念ながら副業で稼ぐのは多分難しいです。

本気でやるなら、多少の投資は必要です。

 

なお、wordpressブログの開設方法は以下でまとめています。「単語の意味がわからない」という完全初心者でも大丈夫なように書いています。

>>【初心者向け】WordPressブログの始め方|簡単6ステップ

ステップ②:記事の書き方や収益化方法を学ぶ

先ほど言った通り、ノウハウは全て無料で手に入りますので、本などを買う必要はありません。

このブログも0からスタートして毎月収益が発生していますが、ここまでにやったことは全て以下で無料公開しており、順番に読みながら進めていけばOKです。

>> 初心者が副業ブログで月5万円を稼ぐまでの完全ロードマップ

ステップ③:記事を書く

ここまでできたら、あとはひたすら記事を書くだけ。

最初の目標

まずは100記事書いてみましょう。

100記事!?と驚く人もいるかもですが、ここが副業ブログの最重要ポイントです。

ただし、闇雲に「100記事」という数字を追いかけてもダメです。正しいプロセスを身に付けるための筋トレでして、ここは以下の記事も目を通しましょう。

>>【テンプレあり】ブログ初心者が100記事で収入とPVを増やす方法

 

ブログを書き始めた人の90%がこれすらクリアできずに脱落します。

みんな勝手に辞めていくので、ここをクリアできれば半分勝ちです。

上記を覚えておくといいですよ。

 

「副業やる時間がない」は考え方と環境を変えれば解決です

人の脳みそとは面白いもので、「問いかけ」に対する答えを探して返すそうです。

つまりこういうことです。

  • 問いかけ:時間がない
    回答:時間がない理由を見つけて返す

  • 問いかけ:どうすれば時間が作れるかな?
    回答:時間を作るアイディアを見つけて返す

稼げない人は例外なく前者の思考で、成果を出していく人は例外なく後者の思考です。

これは能力差ではなく脳のクセみたいなものなので、ぜひ試してみてください。

 

ということで、最後にもう一度要点を整理します。

ここまで読んでみて「やってみたい気もするけどできる自信がない」というのが本音かもしれません。

ですが、今何百万も稼いでいる人もみんな最初の1円から始まっています。

 

「できるかどうか」の答え合わせは、「やってみなきゃわからない」ですし、知識を詰め込んで行動に移さないのでは何も変わりませんので、まずはやってみましょう。

実は本記事で解説したことは、お金も含めて失うものは何もありませんので、ダメだったら元に戻ればいいだけです。

ぜひ試してみてください。きっと何かが変わるはずです。

この記事が参考になったら
\Follow me!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA