副業

【学び】副業で稼ぎたかったら「すでに稼いでる人」に会え、という話

脱サラした人に会いまくっていたら、自分も脱サラできたgakuです。
ググって出てくる情報って、かなり表面的なんだなと気付きました。

 

ネットでやり方は学べますが、成功の秘訣はリアルな人からしか学ぶしかありません。
ということで、「副業で稼ぎたかったら、すでに稼いでる人と会え」という話です。

副業で稼ぎたいから、方法論やノウハウを学ぶ?

方法論を知っているかどうかは大切。
なぜなら、知らないことはやりようがないからです。

でも、それだけでは重要なことが欠けやすく、未来像も見えづらいです。

【事実】公開されている情報は、浅い

  • 副業で稼ぎたかったら○○がおすすめ
  • ○○はこんな手順でやればうまくいく

上記のような情報はネット上に溢れてますよね。

じゃあこれを学べば稼げるようになるかというと、「本人が創意工夫できる人なら稼げる」という感じだと思います。なぜなら、情報が浅いからです。

 

将来像が見えづらい

将来像とは、「それをやったらどんな人生になるか」ということ。
仕事とプライベートのバランスや、収入、生活水準、それによってどんな日常を送れるか。

僕が思うに、仕事は手段です。
「どんな仕事をするか」よりも、「その仕事をやったらどうなるか」の方が重要だと思っています。

将来像を知らずに条件などで仕事を選んだ結果、「こんなはずじゃなかった…」となってる人、めちゃくちゃ多くないですか?

 

仕事内容そのものよりも、「休みが少ない」「友達と会えない」「生活が苦しい」といった、仕事の結果の方に満足や不満を感じると思います。

副業で稼いでる人の秘訣とは

ノウハウも大切ですが、ノウハウは道具です。
事実、同じノウハウを使っているのに、稼げる人と稼げない人がいる。

その答えは、習慣と考え方です。

ノウハウは例えるならサッカーの「ルール」のようなもの。
素晴らしいプレーをする秘訣ではないんですよね。

 

副業で稼ぎたかったら「副業で稼いでる人」に会え

「知識を付けてまずやってみる」というのは素晴らしいです。
でも、それだけだと将来のことが見えづらかったりします。

  • ブログで稼ぎたかったら、ブログで稼いでる人に会う
  • シェアビジネスで稼ぎたかったら、シェアビジネスで稼いでる人に会う

シンプルですが、これが正解じゃないかなと。

ノウハウよりも習慣を知り、真似るべき

繰り返しになりますが、稼ぐ秘訣の大半は日常の中にあります。

  • どうやって時間を捻出しているのか
  • どんなルーティンで副業をやっているか
  • どんな基準で判断してるのか
  • 大切にしていること、意識していることはなにか

上記のような日常的なことや、考え方の違いが成果に直結しています。
一見万能なネットですが、こういう話はググっても出てきません。

 

会ってたら、似てくる

会う回数が多いほど、共にする時間が長くなるほど、考え方が似てきます。
成功している人の考え方をインストールできたら、当然成果も出やすくなりますよね。

僕が脱サラできた最大の理由は、「脱サラした元サラリーマン」に積極的に会いに行き、習慣や考え方を吸収できたことが一番大きな理由だったと思います。

リアルから、将来像を見通す

実際に副業をやっている人が、どんな生活を送っているか。
リアルに会ってみないとイメージが湧きませんよね。

  • めちゃくちゃ稼いでるけど、めちゃくちゃ忙しそう
  • 結構稼ぎつつ、大半の時間を好きなことをやりつつ暮らしている

どっちが正解とかはありませんし、これは極端な例です。
でも、会って話を聞いたり、仲良くなって行動を共にすると、見えますよね。

「やっぱりいいわ、自分もこの人みたいになりたい」
「思ってたのと違う…自分には向いてないかも…」

これはかなり大切だと思います。

「やってみた結果、違った」というのは避けたいじゃないですか。やってみてわかることもありますが、何度も新しいことにチャレンジしてるほど暇じゃありませんので。

 

基礎スキルがあるなら、副業をやってみた方が稼げる

実際やるのも近道。新たな出会いのチャンスも多いです。

基礎スキルがあるならやってみた方が早い

実際にやってみると、成長速度が倍速になります。

だけど残念なことに、自分に基礎スキルがあると認識している人が本当に少ない。
「自分には特別なスキルなんて無いしなぁ…」と。

 

自分にとっての常識は、人にとっての未常識です

具体例を挙げると、以下の通り。

  • 営業職にとって、「AREA話法」は割と常識
  • それ以外の人にとっては、何それ?初めて聞いた

AREA話法とは、「主張→理由→具体例・根拠→再度主張」という、自分の意見や提案を聞き入れてもらいやすくする「話し方の型」です。

 

人間関係が狭いと、未常識に気付きにくい

理由は簡単で、自分の周囲の人はみんな知ってるか、みんなできるから。
客観的に見ると結構凄いことを知っているのに、それを特殊なことだと思わないんですよね。

事実:人より少し詳しい・趣味や特技は簡単に仕事になる

自分にとっての常識を、未常識の人に教えると価値が生まれます。
それが相手の役に立てば、お金が稼げる、という構図です。

 

足がかりとしては、シェアビジネスがいいかと。
初期費用0円で、「すでにある知識や経験をシェアすることが、ビジネスになる」という感じで、起業のような難しいことがショートカットでき、知識やスキルを換金しやすいので。

>>【副業】シェアリングエコノミーとは?わかりやすく解説【新常識】

 

ということで、ネットからノウハウや知識を学ぶのも良いですが、外に出て先輩や同業者に会ってみるのは本当に得るものが多いですよ。

この記事が参考になったら
\Follow me!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA