節約術

給料を有効活用!おすすめの使い道5つ

 

いつも冒頭の挨拶に迷うgakuです。

高校2年生からバイトを始めて、12年くらいサラリーマンをやってきましたが、毎月楽しみだったのがそう、給料日。

口座の残高が増えるのを見てニヤニヤするタイプだったので元々散財はしない方だったんですけど、それでも今思えばしょーもないことにたくさん使ってたなぁと振り返ります。

 

今になって痛切に思いますが、お金は入ってくる量よりも、使い道の方がずっと大事だと痛感しています。

ずっと趣味に使い続けるのと、何かに投資するのでは5年、10年経った時に恐ろしいほど差が出ますよ。マジで。

 

 

1.強制天引き貯金

給料が入った瞬間、予め決めておいた金額を強制的に天引きする

貯金を増やしたいならこれが唯一にして最強だと思います。僕の場合は結婚式の費用を貯めるときに初めてこれをやったんですが、別口座に移して最初からなかったことにしていました。結果的に、半年で約120万円くらい貯まりました。

結局お金って、少ないなら少ないでうまくやりくりしようという気になるので、案外そこまで不便なく生活できたりするんですよ。

コツは無理のない範囲でやること。給料の10〜20%くらい。無理した結果月末に金欠になって、折角の貯金を切り崩してしまったら意味無いですからね。

 

もう一つ、定額自動入金サービスを使うこと。ネット銀行であれば大体このサービスがあるんですが、その名の通り自分で振込とかしなくても勝手に指定口座に送金してくれるものです。

給料が入ってくる口座から貯金口座に自動送金するように設定しておけば、その後は何もしなくても毎月着実に貯金が貯まっていきますよ。

 

2.投資に回す

貯金と併用するのがおすすめ。

今のご時世、いくら貯金しても利息なんかじゃ全く増えませんからね。どうせお金を寝かせておくなら、より増えるところに置いておく方が得策です。

かと言って、慣れない内は余剰資金を全ツッパで投資に回すのはちょっとコワイと思うので、一部は貯金、一部は投資というのが精神衛生上もいいと思います。

 

投資と聞くと株とかFXを想像するかもしれませんが、積立NISAiDeCoのようなローリスク・ローリターンなものに毎月コツコツ積み立てていくことで、ただ貯金するよりはずっと効率的に増やしていくことができます。

もうちょっと増やしたければロボアドソーシャルレンディングに分散するのもおすすめです。まずはこういったリスクの低い堅実なものからスタートして慣れていくのがいいでしょうね。

 

ちなみに僕は過去、半年で100万円を溶かしたことがあって、素人が一攫千金を狙おうとすると痛い目を見るんだなと、身につまされた経験がありますw

ちなみに株式投資。吐きそうになりました。大事な給料なので、無駄にならないように工夫しましょう。

 

3.自己投資

「貯める」「増やす」ときて、3つ目は「未来の自分への投資」よく言われることですが、「最もリターンが大きな投資は自己投資」です。
すぐにリターンが見込めるものではありませんが、だからこそここにお金を使える感性があると後々大きな力になります。

 

自己投資には大きく分けて3つのジャンルがあります。

・「知識」に投資
・「経験」に投資
・「健康」に投資

 

「知識」は本やセミナーなど、今の仕事や将来やりたいと思っていること、独立の準備などに通じるものにお金を使うこと。

「経験」は行ったことが無い場所、やってみたかったこと、新しい視点を与えてくれる人に会う、といったことにお金を使うこと。

いろんなことを経験しておくことで、初対面や仕事上の関係者と会話の共通点が増えて、コミュニケーション力の土台が醸成されます。そして、自分の視野や選択肢を増やすことは、今後何かを選ぶ時に大きなアドバンテージになります。

 

「健康」はサプリメントを取り入れたり、運動だったりと、カラダ作りにお金を使うこと。何をやるんでも健康は大前提ですが、他にも将来の通院費や薬代といった全くお金を生まない未来の負債を抑制する効果もあります。

 

自己投資はすぐにリターンがあるものではありませんが、長い目で見てリターンがあるのであればとても賢い使い道ですよね。

 

4.日常生活の効率化

これも目先ではお金を使うことになりますが、「時間を買う」という使い道。

ロボット掃除機とか、食器洗い乾燥機を買うなど、毎日発生する雑事を時短してくれるので、巡り巡って他のことをやる時間を作り出してくれます。

僕にとってはお金を払って高速道路を使うのもこれと一緒で、移動時間を時短することで時間を買っていると思ってますよ。

 

1回1回はそこまでまとまった時間ではないかもしれませんが、1ヶ月、1年〜という尺度で見るとチリツモで相当な時間が作れます。浮いた時間で生産的なことをやれば収入増も可能になってくるし、他のやりたかったことにも時間を使えるようになります。

 

生活の効率が良くなるということは、シンプルに自分の機嫌が良くなることに繋がってコンディションが良くなるので、この使い道は結構おすすめです。

日常生活を効率化するものって初期費用が高くなりがちで、実際買うことに抵抗があるかもしれません。でも、ここはあまりケチケチせず長く使えるものを選んだ方がトータルプラスです。

良いものを選んでおくと後々売却もしやすくて、使い終わったときに「結局すげー割安だった!」ということもよくありますから。

 

なにより、普通なら時間って買えませんからねw

家電を買うんじゃない、時間を買うんだ。(キリッ

 

5.身近な人が喜ぶことに使う

なんか綺麗事っぽく聞こえるかもしれませんが、僕はとても好きな使い道。自分のことだけで手一杯の時って、この使い方ができないんですよね。
端数まで細かくワリカンした後とか、なんかちょっとモヤモヤするんですけど僕だけですかね?

 

「端数はおれ出すからいいよ!」って言えたら、ちょっとカッコいいじゃないですか。「おれ3000円出すから、2000円でいいよ!」って言えたらもっとカッコいいじゃないですかw

友達にめでたいことがあった時、レジで財布を用意した友達に「もう払ってあるから、行こ!」って言えたらめちゃくちゃカッコいいじゃないですか・・・!

 

もうなんか、どうしようもなく小っさいことかもしれませんけど、余裕が無いとなかなか気持ちよくこれができないと思うんですよ。自分がカツカツなのに背伸びしてこれをやっても、別な意味でモヤモヤするじゃないですか。そんなことないですか。

 

「カッコいい」というのは結構大事で、シンプルに自信に繋がります。何より、相手が喜んでくれたら「ああ、やってよかったな」という気持ちになって自己肯定感も増します。

自分がカツカツの時に無理にやらなくていいですが、本当の豊かさって「自分以外の人にお金を使えること」も間違いなくあると思うんですよ、経験上。

ここで書いたことや、このブログ内にある様々な金策の結果、もし余裕が出てきたらぜひやってみてください。「こういうのもたまにはいいな」って、ちょっと清々しい気持ちになりますから。

 

最後に

 

「お金の増やし方」にフォーカスした当ブログですが、この記事では使い道にフォーカスしてみました。

せっかく頑張って汗水垂らして稼いだお給料、できることならその場限りじゃなく、将来の何かに繋がった使い方ができると尚良いですよね。

「こういうお金の使い方もいいな」というものがあったらぜひ1つでもいいのでやってみてください。効果の程は折り紙付きです。

 

個人的にはまず貯金と投資が自動的にできる設定をして、給料+αでお金を増やすところからやってみるのがいいと思います。単純に、収入が増えれば他にできることも増えますし。

「節約ノウハウ」のところで扱っているものもそうなんですが、継続的に何かをするのは大変なので、一度だけ手続きや設定をすればその後は自動的にお金が増える、貯まるというものがいいです。

僕みたいな忘れっぽい、飽きっぽい人間でもできてるし、手軽な割に効果は非常に強力です。新しい習慣を付けるのは結構大変なことですが、自動化してしまえば習慣化する必要すらありませんからね。

 

 

この記事が参考になったら
\Follow me!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA