【副業】だからあなたは稼げない!稼げない副業の全知識【裏事情】

 

 

副業を始めてみたけど、月1万円も稼げない・・・
ネットでおすすめの副業って書いてたけど、これ本当?
一生懸命やってるのになんで稼げないんだろう・・・

 

こんな疑問に答えます。

 

本記事の内容

・稼げない副業はズバリこれ。理由も解説。
・副業で稼げない人の3つの特徴
・「稼げない仕組みの副業」と「努力すれば稼げる副業」

 

近年、誰でも手軽に始められる副業が急増しているのと、国の後押しも相まって副業を始める人も急増しています。もちろんその多くが「収入を増やすため」です。

 

ネットを叩けばすぐには選べないくらい大量の方法論が出てきますが、副業で月5万円を超える人は20%程度に留まっているという統計が出ています。
せっかく手間と時間をかけるのに、明らかに稼げない副業が溢れているので、その理由と合わせてまとめました。

 

 

稼げない副業①:ポイントサイト、アンケートサイト

 

 

実行難易度:★☆☆☆☆
稼げない度:★★★★★
月収レンジ:10,000円いけば上出来

 

稼げない副業の代名詞。
アンケートに答えたり、広告をクリックすることでポイントが貯まるサイトで、溜まったポイントを換金できるところもありますが、手間暇かかる割にびっくりするほど稼げません。

 

「何もしないよりはマシ」という程度でよければやってみてもいいですが、他にいくらでも方法があるのであえてこれをやるのはおすすめしません。

 

 

稼げない副業②:ヤフオクなどのネットオークション

 

 

 

実行難易度:★★☆☆☆
稼げない度:★★★★★
月収レンジ:売るものによるが、長続きしない

 

自宅にある不要なものを、ネットオークションにかけて販売する方法。自分にとっては不要なものでも、たまに想像以上の高値で売れることもあります。

 

はじめからわかっていることですが、当然売れるものが無くなれば売上も0になります。まだ使える不用品が出たときにスポットでやる分にはいいですが、毎月やれるものではありませんね。
なぜこれがいまだに「代表的な副業」に名を連ねているのか、不思議でなりません。

 

 

稼げない副業③:メルカリ・ラクマなどのネットフリマ(フリマアプリ)

 

 

実行難易度:★★☆☆☆
稼げない度:★★★★★
月収レンジ:売るものによるが、長続きしない

 

ネットオークションとの違いは、入札による「競り」がなく、自分で値段を指定できることです。

 

アプリが普及したことで、ユーザーがネットオークションからフリマに流れただけで、稼げない理由はネットオークションとまったく同じ。

 

手作りした商品を販売するなら話は変わってきますが、それなら「ココナラ」などで受注生産にした方がずっと合理的ですし、別の形態の仕事にも発展しやすいです。

 

 

稼げない副業④:せどり

 

 

実行難易度:★★★☆☆
稼げない度:★★★☆☆
月収レンジ:赤字〜数十万円

 

不用品を売るのではなく、安く仕入れられるものを探して買値よりも高く売るという転売ビジネス。
「安く買って高く売る」は商売の基本中の基本で、多くの企業もこれと同じことをやっているので「転売」というのはちょっと語弊があるかもしれませんね。

 

ビジネスと呼ぶに十分な収益が見込めますが、あくまでそれは十分に時間があればの話。仕入れる商品探し、出品、梱包、発送と、副業でやるにはあまりにも手間がかかり過ぎるんですよ。
元看護師の嫁さんの同期がやっていましたが、それなりに稼げてはいたけど、疲れ切って看護師に戻ると言っていました・・・。

 

売上を上げるには回転数を上げる必要があって、そのためには時間が必要というわけで、「副業」としてみると微妙と言わざるを得ません。

 

 

稼げない副業⑤:NAVER まとめ

 

 

実行難易度:★★☆☆☆
稼げない度:★★★★★
月収レンジ:月数万円いけば上出来

 

これがどのくらい稼げないのかというのは、実際の数字を見た方が早いです。378万PVを叩き出した方が、収益と合わせて公開してくれていたので引用します。

 

 

NAVERまとめ稼ぐ判断は376万PVで得た収入を見てからにした方がいい.png

 

naverまとめで稼げるのか?.png

 

実際には、1回払い戻しをしたので、そのときに払い戻した1万6千円を足して、約3万円
ですので、1PVあたり0.008円 (´・ω・`) ショボーン

「らふらく」より引用

 

300万PVを実現することだけでもそうそうできることじゃないのに・・・悪いことは言いません、やめておきましょう・・・!

 

 

稼げない副業⑥:LINEスタンプ

 

 

実行難易度:★★☆☆☆
稼げない度:★★★★★
月収レンジ:多ければ1000万オーバーも?

 

みんなご存知、自作のスタンプをLINEで販売する方法。
僕の友人に「Mr.ジェイムス」というスタンプの作者がいて、以前お金の話を聞いてみました。

 

最高ランキング3位、売上1000万に対して手取りが400万円だったとか。LINE持っていき過ぎ・・・。
シリーズ化している売れっ子トッププレイヤーともなれば1000万オーバーも夢ではありませんが、参入者が激増して現在は絶賛レッドオーシャンです。

 

ワンチャンあるのでスキルがある方はチャレンジしてみる価値はあるかもしれません。
ただし、著作物系は1つのものが何年も売れ続けることはないので、収入源として取り組むなら常に新作をリリースしていく必要があります。

 

 

稼げない副業⑦:WEBライター・ブログライター

 

 

実行難易度:★★★☆☆
稼げない度:★★★☆☆
月収レンジ:数千円〜十数万円

 

WEBライターとは、音声の書き起こしや文字入力を請け負う仕事です。一方、ブログライターとはその名の通り、ブログの執筆代行を請け負う仕事で、どちらも「雇い主がいる」という点で共通しています。

 

WEBライターの給料は時給制、1文字いくらという成果報酬など、案件によって様々。
「クラウドワークス」などから仕事を探したり、定期的に仕事をもらえる取引相手を見つけたりすることで、月収数万円くらいは十分射程距離です。

 

ブログライターも月収数万円は十分可能ですが、どう考えても自分でブログを運営した方がいいです。
依頼されてやるのと、自分ごととしてやるのでは、姿勢も上達度合いも段違いですし、何よりブログを収益化した方が収入が増える可能性は高いです。

 

ただし、ブログ運営から収益化までは短くても半年はかかるので、ブログライターと並行してライティングスキルを高めながら給料をもらいつつ、というのがおすすめです。

 

 

稼げない副業⑧:データ入力

 

 

実行難易度:★★☆☆☆
稼げない度:★★★★★
月収レンジ:10,000円いけば上出来

 

主に企業から委託を受けて、単純な数字から表計算などでデータを入力する仕事。基本的にPCスキルがあれば誰でも手軽にできますが、それだけに報酬は激安。

 

「1文字0.1円」という何かの内職のような案件もザラにあります。
さらにひどい場合は、実務に入る前の研修という名目でお金を請求してくる悪徳業者も存在するようなので、注意が必要です。

 

 

稼げない副業⑨:商品モニター

 

 

実行難易度:★☆☆☆☆
稼げない度:★★★★★
月収レンジ:10,000円いけば上出来

 

新商品を使ったり食べたりして、その感想を提出するという仕事。
1回あたりの報酬は数百円〜数千円程度が相場で、お世辞にも稼げるとは言えません。

 

在宅でできるものが多く、新商品を実際に試すことができるので、新しいもの好きであれば楽しんで取り組むことはできると思いますが、「趣味の延長でお小遣いが稼げる程度」と考えましょう。

 

 

稼げない副業⑩:「誰でも簡単に稼げる」が謳い文句の副業

 

 

実行難易度:☆☆☆☆☆
稼げない度:★★★★★
月収レンジ:no date

 

「簡単な作業で誰でも○○万円稼ぐことができる!」「スマホ副業でスキマ時間に稼げる!」という謳い文句、TwitterやSNSで一度は目にしたことがあるでしょう。

 

射幸心を煽る甘い言葉に、ついついクリックしたくなりますが、逆に情報料などと銘打って搾取されるだけなのでやめておきましょう。

 

簡単なことなので覚えておいてほしいんですが、「誰でも稼げる話」が誰にでも見える場所にあって、それが本当ならすでに大流行しているはずです。
どんなビジネスでも、やる人が増えれば稼げる金額は減るので、気付いた人は他人に教えず自分で稼ぐのが普通です。

 

その実態は「情弱ビジネス」と呼ばれていて、情報商材屋などは情報弱者をリスト化しています。どうリスト化するかというと、

 

・広告をクリックした人
・メルマガ登録した人
・LINE@に登録した人
・Facebookの占いなどをやった人

 

こんな人達の個人情報を抜いています。
胡散臭い話に釣られないのは当然として、ネットリテラシーが低い人では一見わからないような仕掛けもあるので特に注意です。

 

 

稼げない副業?:ブログ・アフィリエイト

 

 

実行難易度:★★★★☆
稼げない度:★☆☆☆☆
月収レンジ:no date

 

まずはこちらをどうぞ。

 

アフィリエイトで月に3万円以上稼げている人は3%

月収アフィリエイト収入

 

引用元:日本アフィリエイト協議会

 

やっぱりブログやアフィリエイトで稼げる人なんて一握りだよね!
・・・という風に見えるかもしれませんが、違います。

 

大げさではなく、90%以上の人が「稼げない」んじゃなく「挫折」しています。
このブログは毎月収入を生んでいますが、サイトの作りやライティングに関することは、ネット上で無料公開されている情報のみで成り立っています。なので、物理的には誰でもできることになります。

 

じゃあなんでこんなにも挫折する人が多いかといえば、ライティングスキル以外にもSEOやサイト設計、ASP、デザインなど、知るべきことが山ほどあるということ。
加えて、ネタ切れなどによる継続の難しさが原因です。

 

やっていることと言えば、基本的なブログ構築の知識と、毎日コツコツとキーボードを叩くだけなんですが、これがなかなかできる人がいないというのが先ほどの円グラフの実態です。

 

かのイチロー氏が言うように、「誰でもできることを誰にもできないくらいやる」ということができれば、ブログは月収100万円を超えるポテンシャルを秘めています。

 

だからみんなやったらいいよ!という短絡的な話ではありませんが、どんな副業でも成功するにはこういったメンタルと圧倒的な作業量が前提よ、ということです。

 

 

副業で稼げない人の3つの特徴

 

以下の3つです。

 

・作業を習慣化できていない
・気分でブレる
・専門性がない

 

それぞれ簡単に補足しますね。

 

 

作業を習慣化できていない


 

結論を言うと「作業量にムラがある」ということです。
副業というからには本業があるはずで、毎日色々な事情で状況が変わるでしょう。

 

「今日は本業が忙しくてクタクタだから、作業は明日に回そう・・・」みたいなことをやってしまうと、当然稼げません。

 

本業がどんな状況であるかは、副業にはまったく関係ないんですよね。ちょっと厳しく聞こえるかもしれませんが、副業は成果報酬のものが多いので、そもそも作業をしないことには1円にもなりません。

 

 

気分でブレる


 

「今日は疲れてるから・・・」
「今日は落ち込むことがあったから・・・」
「今週は立て続けに飲み会があるから・・・」
「今月は子どもの運動会があるから・・・」

 

こんな理由でやったりやらなかったりという姿勢では、残念ながら稼げません。
仮にこれらの理由で本業を休むかというと、「とんでもないw」と考えるでしょう。

 

でもなぜか、「副業」というだけで力が抜けてしまって、学生のアルバイトのようなメンタルで取り組んでしまいます。逆に本業で仕事ができる人が副業でも成功しやすいのは、まさにこれが原因です。

 

言い換えれば「これも仕事なんだ」という意識を持つだけでガラッと状況は変わります。副業で重要なことは「自己管理」であることを常に意識しておきましょう。

 

これについては、「バイト感覚」「サラリーマン感覚」「オーナー感覚」を具体例を出して解説している記事があるので、より詳しく知りたい方はそちらも合わせてどうぞ。

 

 

専門性がない


 

本業・副業に限らず仕事全般に言えることですが、「誰にでもできる仕事は単価が安い」と相場が決まっています。文字通り「誰でもいい」ので、市場価値が低いのです。

 

Twitterなんかを見ていると「ブログ開設1年で月収100万達成しました!」とか、華々しい道を歩んでいる人が目立ちますが、あれは一種の天才です。

 

月収100万は極端な例ですが、結果だけを見て「自分にもできそう」と錯覚するかもしれませんが、ほとんどの人は凡人です。もちろん私も。
短期間で成功している人は、元々その業界出身者であるとか、始めたときからフォロワーが何万人もいるというケースがほとんどです。

 

「専門性」というのは難しいテーマですが、あなたの人生はあなただけが歩んできた人生で、自分では普通だと思っている非常識が必ず1つはあるものです。
その希少性を見つけて、磨きをかけていくことで少しずつ専門性は磨かれていきますよ。

 

 

最後に:そもそも稼げない仕組みの副業と、努力で稼げる副業がある

 

ということで、「稼げない副業」にフォーカスして解説してきました。この記事でお伝えしたかったことは以下の2点です。

 

・どんなに努力しても「稼げない仕組み」の副業がある
・「稼げない」といわれている副業の中には「努力次第で稼げる」副業がある

 

ネット検索を流し読みすると、この2つがあることになかなか気付けません。

 

前者をどんなに頑張っても稼げませんし、後者を「稼げないんだー」と鵜呑みにして遠ざけていても稼げません。この2つを見極めて「努力次第で稼げる」ものを副業に選んで、淡々と努力を積み重ねましょう。

 

これについて、「10,000時間の法則」というものと、「時給脳」という概念を理解しておくと、より解像度が上がって稼ぎやすくなります。興味があれば合わせて読んでみてください。

 

 

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA