仮想通貨(暗号通貨)

仮想通貨取引所比較|【GMOコイン】の評判・特徴まとめ

仮想通貨取引所「GMOコイン」の特徴や評判をまとめていきますよー。

※この記事は2019年5月時点の情報です。

 

GMOコインのおすすめポイント3つ

1.専用スマホアプリ「ビットレ君」が秀逸

ネーミングはちょっとアレですが、性能は折り紙付き。スマホ上で動作する手軽さですが、全9種類のテクニカル指標を網羅しているという優れものです。

 

2.いろいろな注文方法を網羅したFX取引

成行注文、指値注文、逆指値注文はもちろんのこと、OCO注文やIFD注文、IFD-OCO注文といった特殊注文にも対応しているので、忙しくてチャートに張り付けない人でも効率的に取引が可能。

「OCO?IFD?なんですのんそれ?」という方は以下をどうぞ。

 

※OCO注文とは?
指値注文と逆指値注文を同時に出し、一方が約定すればもう一方の注文は自動的にキャンセルされる注文方法。

※IFD注文とは?
IF Done(イフダン)注文のこと。
新規注文と決済注文を同時に出す注文方法で、新規注文が約定後に決済注文が自動的に発注される。

※IFO注文とは?
上記2つを掛け合わせた注文方法。別名「IFDO注文」。
新規注文(IFD注文)が約定後に決済注文(OCO注文)が自動的に発注される。

 

3.一部上場「GMOインターネットグループ」運営

「大手だから安心」というのは安易かもしれませんが、実績の少ない中小零細企業よりデータやノウハウが多用されているのは間違いありません。

特にGMOグループは他のオンライン金融サービスも提供しているので、そこでの知見も活かした高いセキュリティレベルで運営されているようです。

 


 

もっと詳しく見たい場合は

【GMOコイン】公式サイト

 

GMOコインの基本スペック

基本情報
種別 取引所・販売所
取扱仮想通貨 5種類(BTC、ETH、XRP、BTC、LTC)
日本語対応
スマホ対応
最大レバレッジ 10倍 ※
取引方法 FX・現物取引
最低取引単位 0.01 BTC〜
セキュリティ コールドウォレット、マルチシグ対応、二段階認証
サポート 公式サイトのお問い合わせフォームで対応
電話(050-3205-0808/受付時間:平日9:00~17:00)
法人口座 ×

※ 取引所での現物取引では、指値注文を発注した側にのみ0.01%の手数料がかかる。

※ ビットコイン (BTC)のみ5倍または10倍のレバレッジを選択できる。
その他のアルトコインのレバレッジは全て5倍。

 

GMOコインの特徴|レンディングサービスがある

 

GMOコインには僕が大好きな「レンディングサービス」があります。

「レンディング」とは、自身で保有している仮想通貨を取引所に貸して、利息をもらうというもの。

ようするに、個人が保有する仮想通貨を使って「銀行」のような稼ぎ方をする仕組みと言えばイメージしやすいかもしれません。

ただし、常に申し込めるわけではないので、狙いたい場合は会員ページをちょこちょこ見て募集が出ていないかチェックする必要があります。

 

ちなみにレンディングは仮想通貨に限った話ではなくて、最近増えてきた新しい投資法として「ソーシャルレンディング」というものが流行りつつあります。

【おすすめ】初心者でもベテラン同等の利益!「ソーシャルレンディング投資」とは? ・投資って何から初めればいいかよくわからない… ・損をしそうでコワイ… ・最近よく聞くけど自分には無縁かなぁ 本記...

 

 

GMOコインへ貸し付けた場合の年利は5%程度、満期終了後以降に返還されます。単純に「年利5%」というと投資案件としてはなかなかのいい数字で、銀行金利や国債などとは比べ物にならないくらいの高利率ですからね。

しかも、GMOコインのレンディングは「満期が短い」というメリットがあります。

大抵の取引所は満期が1年間ですが、GMOコインではビットコインの満期が90日、アルトコインの満期は150日とかなりスピーディーに資金を回転させることができます。

 


もっと詳しく見たい場合は

【GMOコイン】公式サイト

 

GMOコインが過去に実施したキャンペーン

 

GMOコインでは割と定期的にキャンペーンが実施されています。

仮想通貨をプレゼント、キャッシュバックなど、実施されている時は単純にお得なのでチェックしてみるといいかもしれませんね。

以下は過去に実施されたキャンペーンで、現在実施されているものではないので注意してください。

 

ビットコイン購入で最大10万円が当たるキャンペーン

キャンペーン期間中に「販売所」で(1回の注文で)5,000円以上のビットコインを購入した場合、対象取引時点でのビットコイン約定レートと当選価格が一致したら当選となり、その日ごとの当選者に10万円が山分け。

 

ビットコイン山分けキャンペーン

GMOコインがビットコインのマイニングをやっていました。

山分けキャンペーンは、抽選で選ばれた1000名に対してマイニングされたビットコインを配当するというものでした。

ちなみに現在はマイニング事業から撤退しているので、配当支払いは終了しています。

スプレッド縮小キャンペーン

スプレッドとは「販売手数料」のことで、ようするに取引所の取り分です。

このスプレッド額には公的な規制がなく、取引所によって様々です。

つまり「スプレッド縮小キャンペーン」は「販売手数料減額キャンペーン」と言い換えることができます。

 

手数料無料キャンペーン

FX取引のキャンペーンとして実施されたもので、期間中は入出金手数料やレバレッジ手数料など全ての手数料が無料になるキャンペーンが実施されました。

キャッシュバックキャンペーン

過去に「ビットコイン10,000円キャッシュバック」と「ビットコインキャッシュ25,000円キャッシュバック」のキャンペーンがありました。

ユーザーの取引量に応じて、上記を上限にキャッシュバックが支払われるという内容ですが、キャッシュバック時の表を見る限り、最大額をもらうためにはかなりの金額の取引が必要で、庶民には縁遠い話でした。

 


もっと詳しく見たい場合は

【GMOコイン】公式サイト

 

最後に

 

ということで、仮想通貨取引所「GMOコイン」についてのまとめでした。

仮想通貨バブルの頃に比べれば随分セキュリティ対策や法整備が進んだ仮想通貨市場ですが、相変わらず1つの取引所で全てのコイン(銘柄)の売買はできません。

取引所によって取引できる銘柄が違うので、仮想通貨内で分散投資をするためには必然的に複数の取引所で口座開設しておく必要があります。

 

GMOコインはセキュリティの強度などを考慮すると、主要コインのメイン取引所として使うには十分なスペックなので、とりあえず開設しておきましょう。

ちなみに、2019年版の仮想通貨事情は下記の記事でもまとめているので、併せてどうぞ。

【2019年版】仮想通貨の取引所・ウォレットなど基本ツールまとめ ※これは2019年5月現在の記事です。 コインチェック事件から実に1年4ヶ月ぶり、仮想通貨が息を吹き返してきましたね。僕は仮想...

 

0